INFORMATION →2012年9月

第2回けいたん運動会開催!

 2012年9月26日(水)に、今年で2回目の「けいたん運動会」を実施しました。1年生・2年生の合同チームを編成してのゼミナール対抗戦。最初に全員で準備運動を行った後、午前の部・午後の部の各競技で熱戦が繰り広げられました。
 秋晴れのさわやかな天候のもと、キャンパス内には夏期休暇を終えて久しぶりに集う学生達の笑い声や歓声が響き渡りました。運動会会場では主催者である学友会メンバーが考案したユニークな競技が続き、出場選手はもちろん応援する学生も楽しめる一日となりました。

 いよいよ学生最大のイベントである学園祭「秋華祭」が、10月27日(土)・28日(日)の二日間にわたり開催されます。学友会メンバーを中核とした実行委員会を中心に、多くの学生が準備に取り組んでいます。多数の皆様のご来場をお待ちしております。
写真1写真2写真3

留学生による語学講座 後期受講生募集のお知らせ

5月より開講していました、本学留学生による語学講座。
夏期休暇のため7月から休講となっていましたが、後期の日程が決定しましたので
ご案内いたします。
語学を学びたい方、また国際交流に興味のある方はぜひご参加ください。
後期から受講してみたい方も大歓迎です。

開講科目および日程はこちら

◆申込方法

 往復ハガキに以下の項目をご記入の上、本学国際センターまでお申し込みください。

  1.希望講座名
  2.お名前
  3.郵便番号・ご住所
  4.電話番号

 受講料は無料となっています。(ただしテキスト代が別途必要になる場合があります。)
 お申し込みいただいた方へは、折り返し受講許可案内を送付いたします。
 前期から受講(申込のみの方も含みます)いただいている方は後期の申込は不要です。
  ※ ご不明な点は、本学国際センターまでお問合わせください。
  ※ 語学講座を受講される方の駐車場は用意しておりませんので、公共の交通機関をご利用ください。
    自動車で来られた方の講座への参加はお断りいたします。自転車・バイクは駐輪可能です。

2012年度 保護者・保証人様対象進路説明会開催

 2012年9月17日(月・祝)、在学生の保護者・保証人様を対象に「進路説明会」が開催されました。本説明会は学長の挨拶に始まり、「就職」「編入学」の各進路に別分科会、その後、個別相談会と進められました。
 就職分科会は、さらに1回生と2回生に分かれて開催されました。1回生就職分科会では、現在の厳しい雇用環境に対する本学の取り組みと就職活動の概要、そして、企業が求める能力について説明がされました。2回生就職分科会では、今年の就職状況と社会に求められる人物像、そして、就職における最も重要な姿勢等が説明されました。また、編入学分科会では、編入学の概要説明の後、実際に編入学をした卒業生による講演が行われました。
 分科会後に行われた個別相談会では、ゼミナール担当の先生方と保護者・保証人様が直接面談し、短大における日頃の様子や学習状況、そして、今後の進路について、幅広い相談が行われました。
 今回も多くの保護者・保証人様にご参加いただき、「子どもの短大での様子など、お聞きすることができて良かったと思います。遠方なので先生の皆様がちゃんと子どもの事を見守って下さっていると思うと、とても安心できます。」「卒業生の講演が聞けて大変良かったです。子どもに対してアドバイス出来ることなど参考になりました。」「分かりやすく丁寧に説明していただき、大変勉強になりました。帰ったら、子供にも今日のことを話したいと思います。」などの感想が寄せられ、保護者・保証人様の熱心さを感じました。
 本学では、毎年春と秋の2回、進路説明会を開催しています。
 今後も学生の進路選択に向けて、全学的な支援を行ってまいります。
進路説明会2進路説明会3

献血へのご協力、ありがとうございました!

2012年7月19日(木)に、学内で『献血』を実施しました。

総勢40名の方が受付をして下さり、その内の26名の方に献血をしていただきました。
たくさんの方にご協力いただき、感謝いたします。

献血をしようと参加していただいたにもかかわらず、残念ながら諸事情により献血できなかった方が大勢いらっしゃいました。次回、献血していただく機会がありましたら、また是非参加していただければと思います。

あらためて、献血活動にご協力いただきました皆様方に、お礼申し上げます。
本学では今後も献血を推進していきますので、ご協力くださいますよう宜しくお願いいたします。

日本語Ⅰ留学生とSA(Student Assistant)との交流会を開催しました!

2012年7月20日(金)、本学留学生とSA(Student Assistant)との交流会が生協カフェテリアにて開催されました。SAとは留学生科目『日本語Ⅰ〈会話〉(荻原先生担当)』の授業で、留学生との日本語会話の練習相手となり、授業をサポートする一般学生のことを言います。(以下SAという)

今年度はリニューアルされた明るいカフェテリアで茶話会を行いました。この日は授業の最終回でもあり、担当の荻原先生を交えて二組に分かれ、日本語で質問するゲームを中心に、和気藹々と4ヶ月間の授業を締めくくりました。

4月の授業開始時にはぎこちなさも感じられたSAと留学生ですが、今回の交流会ではお互いに冗談を言いあうなど、打ち解けた雰囲気の中で交流が図られていました。

日本語Ⅰ〈会話〉の授業では、同じ年代のSAとの会話を通して、留学生は多くの生きた日本語表現を学ぶことができます。また、SAにとっては留学生に日本語を教えることで、自らの日本語力を知ったり、「伝えること」の難しさや楽しさを知る貴重な経験の場となっています。留学生、SA双方が授業の交流で得たものを活かし、実り多い学生生活に繋がっていくことを期待しています。

卒業生を騙る不審な電話にご注意ください

 最近、本学の卒業生を騙る不審な電話があったと報告が相次いでいます。

 電話では、「○期生の△△です」と卒業生を装い、「同窓会を開催するので友達の電話番号を教えてほしい」など、個人の名前・住所・電話番号などを聞き出そうとしています。
 本学および本学同窓会として、このような電話での同窓会実施通知や個人情報問合せを行うことは一切ありません。誤って個人情報を提供しないようにご注意ください。

 この件に関しまして、何かご不明な点等があれば、下記までご連絡ください。

 【ご連絡先】
  京都経済短期大学同窓会事務局075-331-3159 下村、森田

経短献血へのご協力、ありがとうございました!

12月19日(月)に、学内で『経短献血』を実施しました。当日は、受付に33名の方がご参加くださり、その内の23名の方に献血をしていただきました。今年は、実施曜日の関係で、例年より参加者数は少なくなりましたが、この厳しい寒さの中、生まれて初めての献血に不安だった人も興味を持って参加していただけました。今回、条件が整わず献血できなかった人は、栄養相談に参加してもらい、「次回は、献血できるようにしたい」という声が聞かれ、献血から日頃の生活習慣を見直す、大切な機会にもなりました。

あらためて、献血活動にご協力いただきました皆様方に、御礼申し上げます。

今後も、本学では一層の献血推進活動に邁進していきますので、ご協力くださいますよう宜しくお願いいたします。

   【献血呼びかけ】                【献血受付】
献血呼びかけ 献血受付

  【栄養相談】                【2011年度保健委員】
栄養相談 2011年度保健委員

第5回 ビジネスシンポジウムが開催されました。

去る10月27日(木)、本学にて第5回ビジネスシンポジウムが開催されました。
本シンポジウムは、現場で活躍する企業人による講演、そしてパネルディスカッションから構成されており、毎年開催されているものです。

今回は本学卒業生(2006年3月卒業)で、京都府木津川市にある城南青果地方卸売市場で活躍されている福島竜也さんを講師としてお招きしました。
講演は、「野菜の流通形態の変化と生産者と消費者が抱える問題」と題して、卸売市場の立場から見た現在の野菜の流通形態、現在取り扱っている地場野菜について、そして仕事で常に意識されていること等、幅広くお話しをいただきました。
聴講する学生たちは普段スーパーで目にする野菜が店頭に並ぶまで、どのような過程を経るのか、農家や卸売はどのように収入を手にするのか、知っているようで知らなかった業界の生の話に真剣に耳を傾けていました。
その後のパネルディスカッションでは、コーディネーターに佐藤健司教授、講演に引続き福島さん、2年生佐藤ゼミから長田祐征さん・澤田侑さんがパネリストとして登壇し、長田さん、澤田さんが福島さんに質問を投げかける形で、討論は進められ、また会場からも質疑があるなど、会場全体の理解が深まった様子でした。
今回のシンポジウムは、日頃から経営情報学を学ぶ学生にとって、現場のビジネス感覚を研ぎ澄ます絶好の機会となり、また学修への意識を高める機会ともなったようです。

<プログラム>
・  開会挨拶(野上憲男学長)
・  本シンポジウムについて(佐藤健司教授)
・  講演「野菜の流通形態の変化と生産者と消費者が抱える問題」(福島竜也氏)
・  パネルディスカッション・質疑応答(佐藤健司教授、福島竜也氏、長田祐征氏、澤田侑氏)
・  閉会挨拶(佐藤健司教授)

DSCN2052

DSCN2059


2011年度 保護者・保証人様対象進路説明会開催

9月19日(月・祝)、在学生の保護者・保証人様を対象に「進路説明会」が開催されました。本説明会は、野上憲男学長の挨拶に始まり、「就職」「編入学」の各進路に分かれての分科会、その後、個別相談会と進められました。


就職分科会はさらに1回生と2回生に分かれて開催されました。1回生就職分科会では、  現在の厳しい雇用環境に対する本学の取り組みと就職活動の概要、そして、企業が求める能力について説明が行われました。2回生就職分科会では、今年の学生動向と内定率、   社会人としての心構えや本学における求職登録者のルール等の説明が行われました。また、編入学分科会では、編入学の概要についての説明が行われた後、編入学をした卒業生に  よる講演が行われました。

分科会後に行われた個別相談会では、ゼミナール担当の先生方と保護者・保証人様が直接情報を交換し、日頃の学習や今後の進路について、幅広い相談が行われました。


今回も多くの保護者・保証人様にご参加いただき、「成績表だけではわからない学校での事なども先生にお聞きして、反省などもできました。」「卒業生の皆さんの生の声を聞くことができ、とても良かったです。」「親としての子どもへの関わり方もためになり、今後実践していきたいと思います。」などの感想が寄せられ、保護者・保証人様の熱心さを感じました。


本学では、毎年春と秋の2回、進路説明会を開催しています。

今後も学生の進路選択に向けて、全学的な支援を行ってまいります。


保護者・保証人様対象進路説明会風景

保護者・保証人様対象進路説明会



「大学生と健康ガイダンス」

   6/9(木)、「大学生と健康ガイダンス」 において、京都市西京保健センター 成人保健・医療係長の北内祐美子氏をお迎えし、「性感染症について」をテーマにご講演いただきました。

   ご講演では、性感染症についての基礎知識や予防方法、公的な検査機関等をご紹介いただきました。また、実物大の乳児の人形に触れる体験をしたことで、学生から「命の重さを感じることができた、親に自分が生まれたときにどんな気持ちだったのか尋ねたい」というような感想が聞かれ、性への意識が改めて高められた一日となりました。

DSCN0311
          【講師:北内祐美子氏】

   本学では、今後も積極的に学生の健康予防啓発活動に努めていきます。

11 / 12« 先頭...89101112