INFORMATION

前期スポーツ大会開催!

2012年6月14日(木)、学友会主催の2012年度前期スポーツ大会が開催されました。

今回の種目は体育館でのドッヂボール。1年生基礎ゼミ対抗戦で、10ゼミが2つの予選リーグを戦い、上位各2チームが決勝トーナメントに進出しました。優勝を目指しての白熱したゲーム展開に、予想以上の盛り上がりを見せた会場内。技ありの好プレーには観客から大きな歓声と拍手が起こり、まさしく手に汗にぎる接戦が繰り広げられました。

学友会中央執行部による企画・運営のもと開催されたスポーツ大会。1年生の参加率も高く大成功のうちに幕を閉じた本大会に、当日までの準備を重ねてきた学友会メンバーも大きな達成会を得たようでした。

学生主催の行事として、9月には「けいたん運動会」、10月には、27日(土)・28日(日)の二日間、学生最大のイベントである学園祭「秋華祭」が予定されています。今回は、参加して楽しむ立場だった1年生も、秋には運営に参画するなど、主体的に行動することの大切さを学びながら活躍することを期待しています。

2012年度教育後援会 総会・懇親会開催

2012年5月27日(日)、爽やかな五月晴れの中、本学において教育後援会総会及び懇親会が開催されました。

当日は、保護者・保証人様にご出席いただき、総会では、2011年度活動報告・決算報告及び2012年度活動計画・予算案について提案され、いずれも原案通り可決されました。あわせて、会則に基づき新役員の選出が行われ、決定されました。

総会終了後には、教育後援会の目的の一つである「本学と保護者・保証人様が連絡を緊密にし、本学の教育の振興、充実及び発展に協力する(会則第2条)」ための事業として、保護者・保証人様と本学教職員との懇親会が開催されました。

和やかな雰囲気の中、ご子息・ご息女の家庭での様子をお伺いしながら、進路や学生生活における個々のご相談に応じるなど、貴重な情報交換の場として有意義なひとときを過ごすことができました。

教育後援会からのご支援は、教育後援会奨学金の給付や学生の福利厚生施設の充実をはじめ、本学の教育活性化への大きな力となっております。

本学では、今後も教育後援会の諸活動を通じて、保護者・保証人様と教職員の絆を深め、更なる教育活動の充実に努めて参ります。

第1回 洛西クリーンウォーク開催

2012年5月13日(日)、新緑のまぶしさを感じる快晴のもと、2012年度第1回洛西クリーンウォークを開催しました。

この洛西クリーンウォークは、短大キャンパスがある洛西地域を歩きながら清掃活動を行うもので、地域を知ることや身近な社会活動を行うことを目的としています。今回は、近隣の桂坂学区自治連合会が主催する『桂坂統一ふれあいクリーンデー』へ参加し、その後短大までの帰路を清掃するスケジュールでした。

参加学生の多くは普段使い慣れない竹ほうきの扱いに悪戦苦闘しながらも、地域の方との会話を楽しみながら清掃活動に励みました。当日はさわやかな気候でしたが、1時間あまりの活動後は全身汗だくになる学生も見られました。

また、短大までの帰路では、清掃活動をしながら洛西地域の地理や歴史についても触れました。普段自分たちが学ぶ洛西地区を少しでも知ることで、今後の地域交流・地域貢献に繋がることを期待します。

※この活動は、ボランティア活動など、学生の社会活動を単位認定する「社会活動単位認定制度」の対象となっています。

「新入生歓迎会」が開催されました!

2012年4月12日、2012年度新入生歓迎会が開催されました。

本歓迎会は、入学式およびオリエンテーション期間を終え少しずつ大学生活に慣れてきた新入生に、さらに本学に馴染んでもらおうと学友会が企画・運営したものです。

第1部は、大教室で学友会と各クラブの紹介がおこなわれました。各クラブが新入部員獲得のため活動内容を懸命にアピールしていました。

第2部は、大学生協カフェテリアに会場を移しての新歓パーティーでした。くじ引きで決定した10名程のグループに分かれ、自己紹介等を通して新入生同士や2回生との交流が進みました。豪華景品が当たるビンゴゲームや生協学生理事による生協活動の紹介が行われるなど、大いに盛り上がりました。



先輩学生から新入生へ伝える“実りある学生生活のススメ”。オリエンテーション期間には伝えきれなかったこの内容を、本歓迎会やこれからの交流の中で少しずつ伝えるべく、今後も学友会主催のイベントが開催されます。6月と9月にはスポーツ大会が、そして10月27日(土)・28日(日)の二日間は、学生最大のイベントである学園祭「秋華祭」が予定されています。

運営を担当する学生も、参加者として盛り上げる学生も、各行事を通して大きく成長することを願っています。

2012年度語学講座受講生募集

2012年度の留学生による無料の語学講座を5月から開講致します。

語学を学びたい方、また国際交流に興味のある方はぜひご参加ください。

開講科目および日程はこちら【PDF文書、155kb】

◆申込方法

 往復ハガキに以下の項目をご記入の上、本学国際センターまでお申し込みください。

 ※過去に本講座を受講された方につきましても、改めて往復ハガキでお申し込みいただけますようお願いします。

1.希望講座名
2.お名前
3.郵便番号・ご住所
4.電話番号

 お申し込みいただいた方へは、順次講座のご案内を送付させていただきます。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

 語学講座を受講される方の駐車場はご用意致しておりませんので、公共の交通機関をご利用ください。自動車で来られた方の講座への参加はお断りさせて頂いています。自転車・バイクは駐輪可能です。

ハラスメント防止講演会を行いました!

2012年4月5日(木)、入学式から授業が始まるまでの前々期オリエンテーション期間中、1年生を対象にハラスメント防止講演会を開催しました。

ハラスメント防止講演会では、昨年に引き続きウィメンズカウンセリング京都のフェミニストカウンセラー周藤由美子氏に『ハラスメントにどう対応したらいいだろう?』というテーマで、ハラスメントに関する基礎知識とその防止・対応について、具体的な事例をあげながら、お話していただきました。
学生からは、「言葉は聞いたことがあっても、内容はほとんど知らなかったので、とても勉強になりました。」「相手の事をしっかり考えつつ、自分も大切にしていきたいです。」
「ハラスメントについてだけでなく、これから付き合う人、大事な友達などの守り方、接し方も学べました。」といった感想が聞かれました。
【講師:周藤由美子氏】
本学では、今後もハラスメント防止の啓発活動に積極的に努めていきます。

入学式から授業が始まるまでの前々期オリエンテーション期間中、 1年生を対象にハラスメント防止講演会を開催しました。

ハラスメント防止講演会では、昨年に引き続きウィメンズカウンセリング京都のフェミニストカウンセラー周藤由美子氏に『ハラスメントにどう対応したらいいだろう?』というテーマで、ハラスメントに関する基礎知識とその防止・対応について、具体的な事例をあげながら、お話していただきました。

学生からは、「言葉は聞いたことがあっても、内容はほとんど知らなかったので、とても勉強になりました。」「相手の事をしっかり考えつつ、自分も大切にしていきたいです。」「ハラスメントについてだけでなく、これから付き合う人、大事な友達などの守り方、接し方も学べました。」といった感想が聞かれました。

本学では、今後もハラスメント防止の啓発活動に積極的に努めていきます。

【講師:周藤由美子氏】



2012年度 入学式

2012年4月1日(日)、明徳学園ホールにおいて2012年度入学式を挙行いたしました。

各地から届いた桜の便りの中、保護者や教職員に見守られ新たな出発の日を迎えた新入生一同。

学長の式辞につづき理事長からの祝辞を受け、新入生代表の西川実沙さんは「本学学生としての誇りと自覚を持ち、社会に貢献できる人間へと成長する」と宣誓されました。

入学式後、早速オリエンテーション期間となり本学での学生生活が始まりました。学ぶ喜びそして周りへの感謝を忘れず、自身の目標に向かい精一杯取り組む学生達を教職員一同支援していきます。

2011年度卒業証書・学位記授与式を挙行

2012年3月15日、明徳学園ホールにおいて2011年度卒業証書・学位記授与式を挙行いたしました。

式典は卒業生全員の呼名および総代への証書授与に始まりました。保護者、教職員に見守られ、晴れ晴れとした表情の卒業生は野上憲男学長の式辞に耳を傾け感慨もひとしおの様子でした。学友会長の送辞を受け卒業生代表の新谷圭佑さんは、長いようで短かったこの2年間を振り返り、様々な困難を学友とともに乗り越え成長した自分と向き合い、保護者をはじめとする周囲の方への感謝の念を失うことなく、新しい世界へと踏み出す決意を述べました。

午後からは京都全日空ホテルにおいて「卒業を祝う会」を開催いたしました。本会の主催である教育後援会の中溝斉子会長による開会のご挨拶の後、卒業生は、保護者のみなさま、教職員と短大生活最後のひと時を共に過ごしました。

卒業生が本学での充実した2年間を決して忘れることなく、それぞれの進んだ道でこれまで以上に活躍することを期待しています。

最新!編入学合格者対談

2012年2月、編入学試験に合格した3人の現役学生に合格体験談を語ってもらいました。

2年 谷口夏美さん 編入学(龍谷大学・経営学部)
2年 小原史裕さん 編入学(滋賀大学・経済学部/近畿大学・経営学部)
2年 小泉達也さん 編入学(関西大学・総合情報学部)

―「目標を見失わず努力することが大切。編入学対談
頑張る人には先生方がとことん力を貸してくれます。」
「どれだけ高くモチベーションを維持し続けられるか。
編入学を目指すなら経短は最高の大学だと思います。」―

Q:編入学のためにどんな勉強をしたの?

谷口:私は指定校推薦での編入学を目指していたので、特別な勉強をするというよりも、毎日しっかり授業に出席して、とにかく良い成績で単位をとることを心掛けていました。

小泉:確かに、経短って、編入学対策の授業も豊富で、毎回の講義を受講して良い成績を目指していくうちに、自然と力が身についてくるっていうのはあるかな。

小原:あと、春と夏には編入学対策の集中特別講義もある。実際の試験問題に即した課題とかが出て、1日5コマ、朝から夕方まででみっちり!

小泉:本当に中身の濃い講義だよね。最終日には集中力がキレそうになるんだけど(笑)、編入学したいっていう強い意志で乗り越えました!

小原:あと、僕は一般入試での編入学だったんですが、先生の存在がすごく心強かったです。
小泉:本当に。編入学を目指している人はみんな、先生のお世話になりっぱなしだったと思います。

小原:うん。英語の翻訳なども理論的に教えてくださって、添削とかも丁寧にしていただいて。本当に感謝しています。

Q:編入学先でやってみたいことは?

小原:ディベートサークルとかに入ってみたいですね。就活の面接にも役立ちそうなイメージがあるので。

谷口:私は特にクラブとかに入ってなかったので、サークル活動をしてみたいです。あと留学も!せっかくだから、海外のいろいろな国へ行ってみたいな。

小泉:僕は、経短をはじめ今まで素晴らしい先生にたくさん巡り会ってきたこともあって、教師という仕事に興味が湧いてきました。だから将来的に先生になることも視野に入れて、教職免許を取りたいという思いがあります。

Q:経短で思い出に残っていることは?編入学者対談②

小原:僕は秋華祭で、ひたすらたこ焼きを焼いてたことが印象深い。

小泉:確かに、ただひたすら必死に焼いてた(笑)

谷口:うんうん。その甲斐あって美味しかったし、よく売れた♪

小泉:あと、経営学について学んでいるだけに、たこ焼きの屋台ひとつでも売上をかなりシビアに意識してやってたな。とはいえ、需要と供給が見合わなくて、タコを余らせたのは最大のミスだった!

谷口:私も、秋華祭かな。普段は編入学に向けた授業中心の毎日で、とにかく編入学のための勉強を頑張っていたけれど、やっぱりイベントとなると、それはそれで楽しもう!と。準備は大変だったけど、気持ちが切り替えられてすごく楽しかったです。

Q:編入学をめざす後輩たちへアドバイスは?

谷口:私の経験から言えることは、やっぱり真面目に授業に出て単位を確実にとっておくということ。指定校推薦で編入学を考えていなくても、納得のいく成績を修めておくことはすごく大切だと思います。

小原:その上で、やっぱりモチベーションを保つことが大切なんじゃないかな。僕の場合、滋賀大学の編入学は特に英語が重要だったので、目標を決めて、とにかくTOEICの試験を何回も受けまくりました。短期的な目標を自分で細かく設定することでモチベーションが維持できたと思います。とはいえ、受験料と交通費で結構お金がかかったんですけど(笑)

小泉:僕もモチベーションの維持が一番大切だと思います。僕は入学当初から関西大学に編入したいという目標があって、初心を忘れず貫き通したから。頑張りすぎて、身体を壊して倒れたこともあったんだけど(笑)本当に行きたいという気持ちを持ち続ければ「為せば成る!」はずです。

卒業生を騙る不審な電話にご注意ください

 最近、本学の卒業生を騙る不審な電話があったと報告が相次いでいます。

 電話では、「○期生の△△です」と卒業生を装い、「同窓会を開催するので友達の電話番号を教えてほしい」など、個人の名前・住所・電話番号などを聞き出そうとしています。
 本学および本学同窓会として、このような電話での同窓会実施通知や個人情報問合せを行うことは一切ありません。誤って個人情報を提供しないようにご注意ください。

 この件に関しまして、何かご不明な点等があれば、下記までご連絡ください。

 【ご連絡先】
  京都経済短期大学同窓会事務局075-331-3159 下村、森田

21 / 39« 先頭...10...1920212223...30...最後 »
scroll to top