INFORMATION →2013年6月

高校生が本学の講義を体験-高短連携講義

2012高短連携講義 2013年3月8日(金)、本学において、「高短連携講義」が行われました。
これは、同じ明徳学園に所属する京都明徳高等学校のキャリア教育の一環として、高校生の皆さんが実際に大学の講義を体験することで、進路設計に役立てていただこうというものです。

 当日は、講義に先立ち、京都明徳高等学校校長と学長の挨拶があり、その後、講義に移りました。
講義は、オムニバス形式で学長がコーディネーター兼司会となり、「利益」という1つのテーマを各専門分野の先生がそれぞれの切り口で解説するというスタイルで進められました。経済学分野からは増田先生、経営学分野からは佐藤先生、藤原先生、会計学分野からは友田先生、経営情報学分野からは松田先生が講義をされました。

 司会者が各先生方に質問を投げかけたり、時には高校生にもマイクを向けたりと、会場全体が一体となって講義が展開されました。受講する高校生のみなさんは、楽しみながら、大学の講義や経営情報学への理解を深めたようでした。

 休憩の後、京都明徳高等学校卒業生で本学2回生の有馬くんによる講演、長谷川さん、小野田さんによる本学でのキャンパスライフの紹介、そして本学職員より、本学の進路体制について説明がありました。

 普段高校で受けている授業の雰囲気とは異なる講義形式、そして講演や説明等より短大生活の一端を知ることができ、「楽しく自分を成長できる短大だと分かった」「もっと短大について知りたい」などの声が聞かれ、「大学で学ぶということ」を実体験できた1日となった様子でした。

 最後に佐藤学科長より閉会挨拶があり、2012年度の高短連携講義は終了となりました。

 本学では今後も、さまざまな形で高短連携を進めて参ります。

高短連携講義の内容

0 経済・経営・会計・情報のいろいろな角度から利益を考えると【岩田先生】

1 GDPと利益・・・経済学の視点から【増田先生】

2 経営学における利益の捉え方—競争優位性との関係で—【佐藤先生】

3 利益を目的としない「経営」とは?【藤原先生】

4 簿記会計学の目的=利益計算【友田先生】

5 情報化社会で企業は利益をどのように上げようとしているか【松田先生】

教育後援会 研修旅行

 2012年12月2日(日)、劇団四季大阪劇場にて「ライオンキング」を鑑賞しました。京都経済短期大学教育後援会では、会員の保護者・保証人の皆さまの知的探求と親睦を目的に研修旅行を行っています。

 当日は観劇の前に、レストランブルディガラにて、イタリアンフレンチのランチをいただきました。前菜からデザートまで季節感溢れる料理はどれも美味しく、参加者同士の会話も弾み、どのテーブルも終始和気あいあいとした雰囲気に包まれていました。
 
 その後、劇団四季大阪劇場へ移動し、「ライオンキング」を鑑賞しました。
アフリカの大地を舞台としたその壮大な物語に誰もが惹きこまれ、熱のこもった演技と創造的かつ芸術的な舞台は、まさに圧巻の一言でした。観劇を終えた参加者からは、口々に「感動した!」「ぜひもう一度見たい。」等の声が聞かれ、皆さまが満足された様子がうかがえました。

 当日は44名と多くの皆さまにご参加いただき、年の瀬の慌ただしい時期ではありながらも、ゆったりとしたひとときを過ごすことができました。また、感動体験を共にしたことで、参加者同士の交流も深まり、実りある企画となりました。教育後援会では、今後もさまざまな活動に取り組んでまいります。

kennsyu1kennsyu2

学校教育法施行規則に基づく情報の公開

本学では、学校教育法施行規則等の一部を改正する省令に基づき、大学等が公的な教育機関として社会に対する説明責任を果たすとともに、その教育の質を向上させる観点から以下の通り情報の公表を行ないました。

大学基本情報(教育情報等の公開) – 大学について:京都経済短期大学

第2回オープンキャンパスへのご参加ありがとうございました!

2012年8月18日(土)、第2回オープンキャンパスを本学にて開催し、多くの方にご参加いただきました。当日は猛暑に加え、開始直後より激しい雷雨となりましたが、多くの方にご参加いただきました。本学まで足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

また、「オープンキャンパスでここを聞き逃した。」 あるいは 「この点についてもっと詳しく教えてほしい。」 等ございましたら、どうぞお気軽に入試情報センターまでお問い合わせください。

 

RIMG1877DSCN12miniIMG_5336mini

(今年度オープンキャンパスの様子は、こちらからもご覧いただけます。)

なお、学校見学についても、随時受け付けております(平日 10:00~17:00)。今回のオープンキャンパスにご参加いただけなかった方も、どうぞお気軽にお問い合わせいただき、ぜひお越しください。

大学生と健康

『大学生と健康について学びました!』

2012年6月21日(木)、ガイダンス「大学生と健康②」を開催しました。講師には京都市西京保健センター 成人保健・医療担当の保健師 山田智子氏をお迎えし、『知っていますか?性感染症~病気とその予防~』というテーマで性感染症についての基礎知識や予防方法について具体的にわかりやすくお話いただきました。

学生からは、「すごくわかりやすかった。自分のために性に関する情報は知る必要があると感じた。」「性感染症に限らず、自分の体は自分で守っていかなければならないと感じた。」

「自分とは関係ないとは思ってはいけないと思いました。」「若いうちから感染症にかかったり、妊娠させないためにも、お互いの理解を得た上で対策をとることがとても大事だとよくわかりました。」といった感想が聴かれました。

【講師:山田智子氏】


本学では、今後も積極的に性感染症の予防啓発活動に努めていきます。

前期スポーツ大会開催!

2012年6月14日(木)、学友会主催の2012年度前期スポーツ大会が開催されました。

今回の種目は体育館でのドッヂボール。1年生基礎ゼミ対抗戦で、10ゼミが2つの予選リーグを戦い、上位各2チームが決勝トーナメントに進出しました。優勝を目指しての白熱したゲーム展開に、予想以上の盛り上がりを見せた会場内。技ありの好プレーには観客から大きな歓声と拍手が起こり、まさしく手に汗にぎる接戦が繰り広げられました。

学友会中央執行部による企画・運営のもと開催されたスポーツ大会。1年生の参加率も高く大成功のうちに幕を閉じた本大会に、当日までの準備を重ねてきた学友会メンバーも大きな達成会を得たようでした。

学生主催の行事として、9月には「けいたん運動会」、10月には、27日(土)・28日(日)の二日間、学生最大のイベントである学園祭「秋華祭」が予定されています。今回は、参加して楽しむ立場だった1年生も、秋には運営に参画するなど、主体的に行動することの大切さを学びながら活躍することを期待しています。

2012年度教育後援会 総会・懇親会開催

2012年5月27日(日)、爽やかな五月晴れの中、本学において教育後援会総会及び懇親会が開催されました。

当日は、保護者・保証人様にご出席いただき、総会では、2011年度活動報告・決算報告及び2012年度活動計画・予算案について提案され、いずれも原案通り可決されました。あわせて、会則に基づき新役員の選出が行われ、決定されました。

総会終了後には、教育後援会の目的の一つである「本学と保護者・保証人様が連絡を緊密にし、本学の教育の振興、充実及び発展に協力する(会則第2条)」ための事業として、保護者・保証人様と本学教職員との懇親会が開催されました。

和やかな雰囲気の中、ご子息・ご息女の家庭での様子をお伺いしながら、進路や学生生活における個々のご相談に応じるなど、貴重な情報交換の場として有意義なひとときを過ごすことができました。

教育後援会からのご支援は、教育後援会奨学金の給付や学生の福利厚生施設の充実をはじめ、本学の教育活性化への大きな力となっております。

本学では、今後も教育後援会の諸活動を通じて、保護者・保証人様と教職員の絆を深め、更なる教育活動の充実に努めて参ります。

第1回 洛西クリーンウォーク開催

2012年5月13日(日)、新緑のまぶしさを感じる快晴のもと、2012年度第1回洛西クリーンウォークを開催しました。

この洛西クリーンウォークは、短大キャンパスがある洛西地域を歩きながら清掃活動を行うもので、地域を知ることや身近な社会活動を行うことを目的としています。今回は、近隣の桂坂学区自治連合会が主催する『桂坂統一ふれあいクリーンデー』へ参加し、その後短大までの帰路を清掃するスケジュールでした。

参加学生の多くは普段使い慣れない竹ほうきの扱いに悪戦苦闘しながらも、地域の方との会話を楽しみながら清掃活動に励みました。当日はさわやかな気候でしたが、1時間あまりの活動後は全身汗だくになる学生も見られました。

また、短大までの帰路では、清掃活動をしながら洛西地域の地理や歴史についても触れました。普段自分たちが学ぶ洛西地区を少しでも知ることで、今後の地域交流・地域貢献に繋がることを期待します。

※この活動は、ボランティア活動など、学生の社会活動を単位認定する「社会活動単位認定制度」の対象となっています。