INFORMATION →2007年10月

サーバ保守作業に伴う本学システム停止のお知らせ

サーバ保守作業に伴い、以下の時間帯において本学システムならびにホームページへのアクセスができなくなります。
ご迷惑おかけいたしますが、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

日時:11月08日(火)18:30~21:30
影響範囲:学内外向けホームページへのアクセス、学内メール(xxx@kyoto-econ.ac.jp)の送受信を含む、本学システムへのアクセスができなくなります。

藍より青い大空の下 学園祭、華やかに開催

1028_02_02恒例の学園祭(秋華祭)が10月27(土)・28(日)の両日、秋華祭実行委員会主催のもと、 本学を会場に繰り広げられ、学生、ご家族、卒業生そして地元の皆様が多数来場・参加し、大きな盛り上がりをみせました。
初日、ステージでは吉本お笑い芸人ライブをはじめ、早食い大会、Mr.レディ&Ms.ダンディなど、様々なイベントが展開されました。 また、学内ホールでは、昨年度に引き続き教育後援会主催による「エッグアート講習会」が開催され、参加者は繊細な卵のシェルにデコパージュなどを施し、芸術の秋を満喫していました。
1028_02_03夕刻からはバンドライブが行われ、魅力溢れるサウンドに合わせ、観客が一体となってリズムをとる姿も見られ、最高潮の内に終了しました。 二日目は快晴がどこまでも続く絶好の好天気に恵まれ、模擬店では売り上げを確保しようと学生らが声をからしての「営業合戦」。
1028_02_01一方、ステージでは初日と趣向を変え、京都明徳高等学校吹奏楽部の透明感あるマーチングバンドの音色が、洛西の山々に吸い込まれ、感動の渦が起こりました。 また京都理容美容専修学校生がヘアメイクを手掛ける、劇的ビューティーコロシアムでは大きな拍手が続くなど、深まる秋にふさわしい想い出を残し終了しました。

「国際交流」してみませんか 心通わせ「第4回けいたん留学生交流会」

京都経済短期大学では地元の皆様と本学の学生、とりわけ留学生とのコミュニケーションスペースを設け、 日頃の生活体験や伝統文化の交流をめざします。ご参加をお待ちしています。


案内用チラシ[pdf,416kb]

日時
2007年11月15日(木)16:00~
場所
京都経済短期大学 大教室(国道中山or旧道中山 バス停下車すぐ)
問合せ先
京都経済短期大学 国際センター
TEL075-331-3159 〒610-1195 京都市西京区大枝東長町3-1

「第4回けいたん交流会」は文部科学省 平成19年度【新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム~学生支援GP~】採択事業の一環として実施します。

学ぶ楽しさ感じた:高短連携講義

1010_01_01短期大学での講義を通して専門分野を学ぶ楽しさを知ってもらおうと10月6日(土)、京都明徳高等学校との高短連携講義が本学で開催されました。

本年度2回目となるこの日は京都明徳高等学校2年生約80名が参加しました。

最初に佐藤健司教授の「経営情報学と教養」を全員が受講し短期大学の基礎知識を学びました。 その後受講生は5クラスに分かれ、短期大学の専門性のある講義を傾聴しながら、爽秋の斜光線が窓辺から届くキャンパスでエンピツを走らせました。

受講生からは、
“丁寧な授業で解りやすかった”
“奥深い内容だった”
等の感想が寄せられました。

[開講講義一覧]
授業番号 担当者名 内容
B-1 佐藤 健司 教授 経営学への扉-われわれに身近な企業経営-
B-2 大城 康子 専任講師 会計学入門
B-3 松田 昌人 准教授 コンピュータ化社会の功罪
B-4 西川  宝 教授 情報処理の新しい流れ
B-5 横川砂和子 教授 漢詩をより深く理解しよう

ゼミ別対抗 秋期スポーツ大会開催!

9月28日(金)、恒例のゼミ別対抗スポーツ大会が行われました。

種目はソフトバレーボールで、1回生、2回生がそれぞれゼミ別にチームを編成し、体育館で終日、熱戦を繰り広げました。
まず行われた予選は、3つのリーグに分かれて争われました。

はじめはどのゼミもチームワークがなかなかまとまらず、苦戦を強いられていましたが、次第に声を掛け合ったり、ポイントを取った時には抱き合って喜ぶなどして、徐々に結束が固まっていきました。
次に、各リーグの1位チームによる決勝リーグが行われ、各リーグの勝者にふさわしいチームワークとテクニックに、会場から大きな歓声が沸き起こりました。

最後に、優勝・準優勝チームにそれぞれ表彰状と副賞が手渡され、参加した学生たちは互いの健闘に拍手を送り、会場は清々しい空気に包まれながら無事終了しました。
なお、当大会は、学生の自治活動である学友会の手によって、企画・準備から運営まですべてなされ、まさに「学生が主役」の本学にふさわしい大会となりました。

秋晴れの下、短大周辺地域を歩きながら清掃活動

9月22日(土)、短大の位置する「洛西」を歩きながら清掃活動を行う、第3回 洛西クリーンウォークを開催しました。

朝、短大に集まった参加者は、ゼッケンとゴミ袋、掃除道具を受け取り、一路目的地に向かいました。 その道すがら、歩道に落ちたゴミを拾うと、手にしたゴミ袋はみるみるうちに一杯になっていました。 目的地である天皇の杜古墳でしばらく休憩したあと、今度は来た時とは反対側の歩道を清掃しながら短大へと戻りました。

照りつける陽射しに、皆、大粒の汗を流していましたが、きれいになった歩道を見て、清清しい気持ちになっていました。

京都経済短期大学では、今後もこのような地域清掃活動を行っていきます。 次回は10月20日に地域のNPO団体と共催で、近隣の川の清掃活動を行う予定です。

「小畑川清掃活動&環境保全勉強会」、「教育と地域社会・シンポジウム」開催のお知らせ

来る10/20(土)、10/21(日)、本学において「2007年度小畑川清掃活動&環境保全勉強会」、「第5回教育と地域社会・シンポジウム」を開催いたします。

地域住民の皆さまや本学関係者の皆様、ぜひお誘いあわせの上、ご参加くださいますようお願いいたします。

それぞれ詳細については以下をご参照ください。

10月20日(土)
2007年度小畑川清掃活動&環境保全勉強会[PDF形式、51kb]
10月21日(日)
第5回教育と地域社会・シンポジウム[PDF形式、52kb]

留学生による語学講座 後期受講生募集のお知らせ

5月より開講していました、本学留学生による語学講座。
夏期休暇のため7月から休講となっていましたが、後期の日程が決定しましたのでご案内いたします。

平日の講座(中国語・ハングル語・英語)は一般の方を対象としています。また、土曜講座(中国語)は、小・中・高校生を対象としています。

語学を学びたい方、また国際交流に興味のある方はぜひご参加ください。

開講科目および日程はこちら[pdf形式、276kb]

◆申込方法

往復ハガキに以下の項目をご記入の上、本学国際センターまでお申し込みください。

  • 希望講座名
  • お名前
  • 郵便番号・ご住所
  • 電話番号およびメールアドレス(お持ちの方のみ)

受講料は無料となっています。(ただしテキスト代別途必要)
お申し込みいただいた方へは、折り返し受講許可案内を送付いたします。前期から受講いただいている方は申込不要です。

※ ご不明な点は、本学学生支援課までお問合わせください。

※ 語学講座を受講される方の駐車場は用意しておりませんので、公共の交通機関をご利用ください。自動車で来られた方の講座への参加はお断りいたします。自転車・バイクは駐輪可能です。

*留学生による語学講座は、文部科学省「平成19年度 新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」採択プログラムです。
<プログラム名:地域の中で世界を感じる~異世代・異文化交流を通じた留学生の活躍に向けて>

メンテナンス作業にともなうネットワーク停止について

ネットワークのメンテナンス作業により、以下の時間帯にそれぞれ15分程度ネットワークが停止します。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

日時:
9月27日(木)17:00~18:00 (15分程度の停止)
9月28日(金)12:00~13:00 (15分程度の停止)
影響範囲:
本学ホームページへのアクセス、学内 メール(xxx@kyoto-econ.ac.jp)の送受信などができなくなります。

「ご家庭のコミュニケーション」をキーワードに進路説明会、開催

0921_01_012007年9月17日(祝)、13時より本学で保護者保証人様を対象に「進路説明会」が開催され、多くの方が参加されました。

会 場ではキーワードとなる「コミュニケーション」をテーマに、本学卒業生の保護者様(4名)によるパネルディスカッションで家庭内会話を再現していただきま した。パネラーの皆様には成功・失敗談をオープンにお話しいただき、ご家庭内の雰囲気が進路決定に大きな影響力がある事を実例を踏まえてわかりやすく語っ ていただきました。

会場内で熱心にパネラーの言葉に耳を傾けていた参加者は、学生の多様な側面を把握しながら、情報化時代にふさわしい家庭における心の交流を把握している様子でした。
この日は併せて、

  • 就職情報会社の担当者による講演会
  • 学生の希望進路による分科会
  • 個別相談会

などが開かれ、初秋のひととき保護者保証人様と本学との交流を深めました。