INFORMATION

松尾中学校よりネパール教育支援活動にご支援をいただきました

 2015年11月27日(金)、近隣の松尾中学校の皆様からネパール教育支援活動に対して義援金をいただきました。

 本学の藤原ゼミナールでは、ネパール教育支援活動の一環として、現地に直接赴き小学校校舎を建設する事業を行っています。今回の義援金は、松尾中学校生徒会の皆様が中心となって、学校祭での販売、PTAからのご寄附、その他の様々な活動を通して募金して下さったものです。

 皆様のご支援・ご協力に心より感謝申し上げるとともに、小学校建設の大切な資金として活用させていただきます。本当にありがとうございました。

2015年度 ゼミナール研究発表会のお知らせ

 2015年12月17日(木)、明徳学園ホールにおいて『2015年度 ゼミナール研究発表会』を開催いたします。
 この研究発表会は学生にとって学術活動における集大成であり、 短大生活1年半のゼミナール研究活動を通じて研究と学習に励んだ成果を講じる場と位置づけています。
 学外の皆様からの質問、評価等が、学生にとっては有意義な経験、勉強にもなりますので、お誘いあわせの上、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

 

  • 日時
     2015年12月17日(木) 13:00~17:00
  • 場所
     明徳学園ホール(京都明徳高等学校内)
  • その他
     駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
  • 問い合わせ先
     京都経済短期大学 学生支援課
       TEL:075-331-3159
       FAX:075-331-3330
       e-mail:kyogaku@kyoto-econ.ac.jp

以 上

2015発表スケジュール

日本赤十字社より感謝状を授与されました

 2015年10月26日、本学におけるこれまでの献血への協力に対して、日本赤十字社より感謝状として「銀色有功章」をいただきました。

 本学では今後も献血への協力を進めていきます。

nissseki

2015年度後期語学講座受講生募集

2015年度の留学生による無料の語学講座を10月から開講致します。

語学を学びたい方、また国際交流に興味のある方はぜひご参加ください。

開講科目および日程はこちら【PDF文書、255kb】

◆申込方法
ハガキ又は電話・メールにて以下の事項を京都経済短期大学国際センターまでお申し込みください。

1.希望講座名
2.お名前
3.郵便番号・ご住所
4.電話番号
お申し込みいただいた方へは、順次講座のご案内を送付させていただきます。
※ 定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

 語学講座を受講される方の駐車場はご用意致しておりませんので、公共の交通機関をご利用ください。自動車で来られた方の講座への参加はお断りさせて頂いています。自転車・バイクは駐輪可能です。

『第2回ホームカミングデー』開催のお知らせ

 2015年10月25日(日)秋華祭の当日に、本学外郭団体である同窓会による、第2回ホームカミングデーが開催されることになりました。

 当日は、大学の近況報告、懇親会、ビンゴ大会、ケーキバイキングなど様々なイベントでお楽しみいただける予定です。また、秋華祭では、模擬店、吉本芸人ライブ、京都明徳高等学校の吹奏楽部とダンス部のパフォーマンスも行われます。ホームカミングデーと併せてお楽しみいただければ幸いです。

 同窓生や教職員と懐かしい秋の一時をお過ごしになられてはいかがでしょうか。ご家族とのご参加も大歓迎ですので、ぜひ同期の方々ともお誘いあわせのうえご参加ください。

内 容:第2回ホームカミングデー
日 時:2015年10月25日(日) 受付13:00 開始13:30
場 所:大学生協カフェテリア
対 象:京都経済短期大学卒業生、卒業生家族
参加費用:無料
申込方法:メールでお申込みください。

FAX:075-331-3330、E-mail:dosokai@kyoto-econ.ac.jp
申込期間:2015年10月1日(木)~10月22日(木)
備 考:出入り自由です。秋華祭と併せてお楽しみ下さい。
お問合せ先:京都経済短期大学同窓会事務局
スケジュール

13:00 受付
13:30 開会の辞
13:35 大学説明
13:50 懇親会(デザートバイキング)
14:30 ビンゴ大会
14:50 閉会の辞

オープンキャンパスへのご参加ありがとうございました!

 8月22日(土)、2015年度最後のオープンキャンパスを開催し、今回も全国からたくさんの方々にご参加いただきました。残暑が厳しい中でお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 本年度は近年で最も参加者の多いオープンキャンパスとなり、相談会やTeaTime等で大変混雑してしまったため、しっかりとお話しできなかった方もいらっしゃるかと存じます。「オープンキャンパスで聞き逃したことがある。」「この点についてもっと詳しく教えてほしい。」等ございましたら、どうぞご遠慮なく入試情報センター075-331-2377nyushi@kyoto-econ.ac.jpまでお問い合わせください。

 

 また、学校見学は随時予約を受け付けております(平日 10:0017:00)。オープンキャンパスにご参加いただけなかった方も、どうぞお気軽にお越しください。
Exif_JPEG_PICTURE 2015OC5 2015OC4 2015OC3 2015OC2 2015OC1

台風等によるオープンキャンパス開催の取り扱いについて

来場者および在学生や教職員の安全面を考慮して、
台風等によるオープンキャンパス開催(7/26、8/22)を中止する可能性がございます。
中止する場合は、このホームページ上でお知らせいたします。

なお、開催の取扱いについては、以下の通りといたします。

1.開催当日の午前9時の時点において、下記の対象となる地域に警報が
  発令されている場合は、開催を中止いたします。
2.当日の開催時間中に、下記の対象となる地域に警報が発令された場合は、
  開催時間を短縮する場合があります。
3.下記の対象となる警報が発令されていない場合でも、安全上に問題があると
  判断した場合は、中止もしくは短縮する場合があります。

≪対象となる地域≫ 京都市
≪対象となる警報≫ 大雨、洪水、暴風のいずれかの警報(特別警報も含む)

来場予定者の方におかれましては、対象地域の警報が解除されている場合でも、
お住まいの市区町村に警報が発令されている場合があります。
ご自身の安全を十分に考慮したうえで、ご判断いただきますようお願い申し上げます。

「大学生と健康」ガイダンスを開催しました

 2015年6月25日(木)、講師に京都市西京保健センター 健康づくり推進課の保健師 堤美樹氏をお迎えし、『知っていますか?性感染症~病気とその予防~』というテーマで、性感染症についての基礎知識や予防方法について学びました。

DSCN1529

 本学では、今後も積極的に学生の健康について、啓発活動に努めていきます。

2015年度 教育後援会 総会・懇親会開催

 2015年5月24日(日)、爽やかな五月晴れの中、本学において教育後援会総会ならびに懇親会が開催されました。

 当日は、保護者・保証人様にご出席いただきました。総会では、2014年度活動報告・決算報告および2015年度活動計画・予算案について提案され、いずれも原案通り可決されました。あわせて、会則に基づき新役員の選出が行われ、新役員体制が確定いたしました。

 総会終了後には、教育後援会の目的の一つでもある「本学と保護者・保証人様が連絡を緊密にし、本学の教育の振興、充実及び発展に協力する(会則第2条)」ための事業として、保護者・保証人様と本学教職員との懇親会が開催されました。

 和やかな雰囲気の中、ご子息・ご息女の家庭における様子をお伺いしながら、進路や学生生活等、個々のご相談に応じるなど、貴重な情報交換の場として有意義なひとときを過ごすことができました。

 教育後援会からのご支援は、教育後援会奨学金の給付や学生の福利厚生施設の充実をはじめ、本学の教育活性化への大きな力となっております。

 本学では、今後も教育後援会の諸活動を通じて、保護者・保証人様と教職員の絆を深め、更なる教育活動の充実に努めてまいります。

DSCN1395DSCN1740DSCN1415DSCN1494

ハラスメント防止講演会を行いました!

 2015年5月14日(木)、1年生を対象とした、「ハラスメント防止講演会」を開催いたしました。

 今年度は、講師にウィメンズカウンセリング京都のフェミニストカウンセラー周藤由美子先生をお迎えし、『自己主張を学んでハラスメントを防止しよう』というテーマでお話しいただきました。

 今回は、「自己主張」について詳しくお話いただき、ハラスメントを新しい視点から捉えることができました。

 学生からは、「自分の意見をしっかり相手に言わないといけないと思った。」「発言した側が何とも思っていなくても、相手が嫌だと思ったら、それはハラスメントになるので、普段からしっかり考えて、発言すべきだと思った。」「一人で抱え込まず、周りの人に相談することが大事。」「周りに困っている人がいたら、話を聴いてあげるようにしたい。」「あらためて自分の行動を見直そうと思う。」といった感想が聞かれました。

ハラスメント防止講演会

【講師:周藤 由美子氏】

 本学では、今後もハラスメント防止の啓発活動に積極的に努めていきます。

scroll to top