INFORMATION →イベント

「けいたんから世界を感じる」第一回シンポジウム『異国で学ぶ意義』

本学は開学(1993年)以来、国際交流にも視野を広め「地域の中で世界を感じる」をキーワードに学生・教職員が一体となって様々な企画を推進してきました。

先般、このプランが文部科学省より“新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム(学生支援GP)”として採択されました。
このプログラムの一環として下記のシンポジウムを開催します。学ぶ感動を縦糸に、そしてユニークな体験を横糸にして、小さな本学が紡いだ大きな「夢」の結晶をお伝えします。

シリーズ「けいたんから世界を感じる」
第一回シンポジウム『異国で学ぶ意義』

開催日時:2008年3月2日(日)13:30~16:10(受付 13:00より)
開催場所:京都経済短期大学・大教室
時間 内容
13:00 受付開始
13:30~13:40 開会挨拶
13:40~14:00 報告1「留学を通じて学んだこと」 ~本学留学生~
14:00~14:20 報告2「ネパール教育支援活動」 ~藤原ゼミ生~
14:20~14:30 ネパール大使館より感謝状拝受
14:30~14:35 休憩
14:35~15:20 講演「異国で学ぶ意義」~外部講師:ジェフ・バーグランド~
15:20~16:05 パネルディスカッション「地域の中で世界を感じるー異国で学ぶ意義」
16:05~16:10 閉会挨拶
  • 事前申し込みは不要です。どなたでもご参加いただけます。
  • 駐車場はありません。公共の交通機関をご利用ください。(駐輪場は有り)

ジェフ・バーグランド氏特別講義

0207_01_01日本で学び世界が見える。
ジェフ・バーグランド先生がやってくる。
TV画面から飛び出し本学に来ます。
ユニークな“異文化コミュニケーション論”と
本学のGPプログラム「地域の中で世界を感じる」がコラボレ―ト。

あなたは日本を知っていますか。
異国で学べば“これ”が見えます。
そんな講演会でジェフ先生があなたを待っています。

 

ジェフ・バーグランド(Jeff Berglund)

帝塚山学院大学・大学院 人間科学研究科人間文化学部教授、(財)大阪21 世紀協会企画委員。

1949年4月6日アメリカ合衆国南ダコタ州生まれ。1966年にミネソタ州カールトン大学に入学、宗教学を専攻。
1969年6月~12月に同志社大学へ留学。1970年、カールトン大学卒業。9月から同志社高校に就職。1992年、大手前女子学園教授に就任。
1998年4月より帝塚山学院大学人間文化学部教授に就任、現在に至る。

バーグランド薫夫人(同志社高校英語科講師)との間に健、龍之介、漱石の3人の息子がいる。
趣味は尺八、囲碁、少林寺拳法など様々。京都在住38年。現在は、江戸時代後期に建てられた町家に暮らす。
日本人以上に日本の文化を愛する一人でもある。執筆も多数。

NHK教育テレビ 『きらっといきる』司会 土曜日19:00~19:30
文化放送ラジオ 『吉田照美のソコダイジナトコ』(電話スピーカー) 月曜日 6:00~8:00
KBS京都テレビ 『月イチ☆きょうと府』 第1日曜日12:00~12:30
BBC・KBS 『ぼくのにっぽん』 土曜日18:30~/金曜日22:45~
フジテレビ 『Nippon@World』関東のみ 水曜日0:45~1:15
奈良テレビ 『ニュースonステージ』 土曜日21:00~21:55
関西テレビ 『カンテレ批評』(月変わりコメンテーター) 毎月最終日曜日6:30~7:00

■問い合わせ先■
京都経済短期大学 学生支援課 〒610-1195 京都市西京区大枝東長町3-1
TEL:075-331-3159 FAX:075-331-3330 E-Mail:kyogaku@kyoto-econ.ac.jp

パソコンを使っての本格お絵かきに挑戦!~IT講習会開催~

0131_01_011月19日(土)、20日(日)の2日間、「IT講習実践III(担当:小路真木子准教授)」の受講生により、地域住民の方々を対象としたIT講習会が開催されました。 8月に開催された前回のIT講習会では、主に写真などの画像をパソコン上で加工するといった内容でしたが、 今回はパソコン上での「お絵かき」に加えて複雑な画像の加工機能も楽しめる内容になっており、利用したソフトの使い方以外にもパソコンで絵を描くコツなどが紹介されました。

0131_01_02受講生の皆さんは講習時間をフルに活用し、水彩画タッチの風景画やオリジナルカレンダーなど思い思いの作品に取り組みました。 2日間の講習の最後には、作品作りで苦労した点や講習会の感想とともに各自の作品をスクリーン上で紹介する「作品発表」の時間が設けられましたが、 それぞれのユニークな作品に思わず「すごい!」と感嘆の声があがる場面もありました。普段使っているパソコンからは想像もできない「お絵かき」機能と、 学生たちの真摯な取り組みに、今回もまた受講生の皆さんにとって満足度の高い講習会になったようです。

0131_01_03
受講生の作品

卒業茶会のご案内

0128_01_05節分の候、寒さを増しております。卒業式も間近となりました。 昨年度も雪舞う中、留学生らによる茶会が竹林公園内竹風軒で催されました。 裏千家寄贈の茶箱でのお点前でお稽古を重ね、よい発表が出来ました。

写真はその時のお点前風景です。また、洛西地域の境谷小学校からの参加やRCVテレビの取材もして戴いたり、と賑やかな茶会でした。 今年度3月9日は10年前部長だった卒業留学生が台湾からお子様を連れ、この茶会に来てくださる報を受けています。
さらに、当日は茶道部顧問助手の職員稲垣作の茶道具や海外からの茶器もお楽しみ戴けます。是非皆様お誘い合わせの上ご来場ください。

案内用チラシ【pdf形式、202kb】

  • 0128_01_02日時/2008年3月9日(日)11時~15時
  • 場所/洛西竹林公園 茶室「竹風軒」
    南福西町バス停下車 駐車場完備
    茶券/500円
  • 問い合わせ先/075-331-2377(京都経済短期大学 稲垣)

京都経済短期大学教育後援会研修旅行

1130_01_01京都経済短期大学教育後援会では、会員の保護者・保証人の皆様の知的探求と懇親を目的に研修旅行を行っています。

本年度は11月18日(日)に「叶匠寿庵 寿長生の郷(すないのさと)」(滋賀県大津市)を訪れ、 懐石料理を堪能し、また和菓子作りとお茶席も体験するなど、実りある研修旅行となりました。

1130_01_02研修先の寿長生の郷は大津市の南東に位置し、約6万3千坪(甲子園球場6個分!)もある広大な丘陵地に椿や榛、 赤松、栗などが原生し、また梅や柚子も植えられ、自作の食材を利用した農工一体の菓子づくりを目指す理想をかなえているそうです。 そんな寿長生の郷でいただいた懐石料理は、季節折々の旬の食材で仕上げられ、 和菓子を思わせるような素敵な盛り付けで味はもちろん目でも楽しめるものでした。 また、和菓子作りでは実際に和菓子職人の先生方にご指導いただき、慣れない手つきではありましたが笑いの絶えない楽しい挑戦となりました。

1130_01_03最後に実りの秋風が障子にそって流れるお茶席で伝統文化とふれあい、 参加者34名保護者・保証人の懇親や旧役員との充実したひとときを過ごし晩秋の1日を満喫しました。

異国文化、華やぎて 第4回 けいたん留学生交流会に集う

1126_01_01本学の一般学生と留学生がそれぞれ母国の文化や言語を通じ国際感覚を学ぶ「異文化体験論」。 その受講者によるグループ発表を中心とする「第4回 けいたん留学生交流会」が2007年11月15日(木)16:00より本学・大教室で開催されました。

1126_01_02会場には日本語学校の先生方、地元の皆様そして学生が多数参加し、日本語と外国語が飛び交う中、 語学講座受講者による発表、留学生出身国の民族衣装の紹介、異文化をテーマにしたクイズ等、盛りだくさんのプログラムで多くの文化情報を発信しました。

1126_01_03また18:00からは本学カフェテリアで懇親会が開かれ、交流の輪を広げました。
本学では今後も様々なスタイルで国際交流を推進します。

なおこの交流会は、文部科学省の「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」(学生支援GP)に採択された 「地域の中で世界を感じる~異世代、異文化交流を通じた留学生の活躍に向けて」プログラムの一環として開催しました。

桂坂統一クリーンデーに参加・・・第4回洛西クリーンウォーク

1116_01_01今年度のクリーンウォークとしては締めくくりとなる「第4回洛西クリーンウォーク」は、 11月11日(日)に行われた地元自治による「桂坂統一クリーンデー」に参加。 桂坂学区連合会の皆さんや中学生の皆さんと一緒に桂坂小学校周辺の清掃活動を行いました。 道路わきや排水溝にたまった落ち葉をかき集めての清掃活動はなかなかの重労働でしたが、 約1時間の清掃後に桂坂野鳥公園で休憩しながら目にした紅葉は、体の疲れも忘れさせてくれるほどでした。

1116_01_02あいにく桂坂を下り始めた辺りから雨が降り出し、短大までの「クリーンウォーク」は中止となってしまいましたが、 学生たちにとって普段あまり訪問することのない桂坂エリアでの清掃活動に新たな発見もいろいろあった様子でした。 活動を通じて地域住民の方々との交流もでき、実り多い秋の一日となりました。

「洛西クリーンウォーク」は来年度も継続して実施の予定です。

藍より青い大空の下 学園祭、華やかに開催

1028_02_02恒例の学園祭(秋華祭)が10月27(土)・28(日)の両日、秋華祭実行委員会主催のもと、 本学を会場に繰り広げられ、学生、ご家族、卒業生そして地元の皆様が多数来場・参加し、大きな盛り上がりをみせました。
初日、ステージでは吉本お笑い芸人ライブをはじめ、早食い大会、Mr.レディ&Ms.ダンディなど、様々なイベントが展開されました。 また、学内ホールでは、昨年度に引き続き教育後援会主催による「エッグアート講習会」が開催され、参加者は繊細な卵のシェルにデコパージュなどを施し、芸術の秋を満喫していました。
1028_02_03夕刻からはバンドライブが行われ、魅力溢れるサウンドに合わせ、観客が一体となってリズムをとる姿も見られ、最高潮の内に終了しました。 二日目は快晴がどこまでも続く絶好の好天気に恵まれ、模擬店では売り上げを確保しようと学生らが声をからしての「営業合戦」。
1028_02_01一方、ステージでは初日と趣向を変え、京都明徳高等学校吹奏楽部の透明感あるマーチングバンドの音色が、洛西の山々に吸い込まれ、感動の渦が起こりました。 また京都理容美容専修学校生がヘアメイクを手掛ける、劇的ビューティーコロシアムでは大きな拍手が続くなど、深まる秋にふさわしい想い出を残し終了しました。

「国際交流」してみませんか 心通わせ「第4回けいたん留学生交流会」

京都経済短期大学では地元の皆様と本学の学生、とりわけ留学生とのコミュニケーションスペースを設け、 日頃の生活体験や伝統文化の交流をめざします。ご参加をお待ちしています。


案内用チラシ[pdf,416kb]

日時
2007年11月15日(木)16:00~
場所
京都経済短期大学 大教室(国道中山or旧道中山 バス停下車すぐ)
問合せ先
京都経済短期大学 国際センター
TEL075-331-3159 〒610-1195 京都市西京区大枝東長町3-1

「第4回けいたん交流会」は文部科学省 平成19年度【新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム~学生支援GP~】採択事業の一環として実施します。

ゼミ別対抗 秋期スポーツ大会開催!

9月28日(金)、恒例のゼミ別対抗スポーツ大会が行われました。

種目はソフトバレーボールで、1回生、2回生がそれぞれゼミ別にチームを編成し、体育館で終日、熱戦を繰り広げました。
まず行われた予選は、3つのリーグに分かれて争われました。

はじめはどのゼミもチームワークがなかなかまとまらず、苦戦を強いられていましたが、次第に声を掛け合ったり、ポイントを取った時には抱き合って喜ぶなどして、徐々に結束が固まっていきました。
次に、各リーグの1位チームによる決勝リーグが行われ、各リーグの勝者にふさわしいチームワークとテクニックに、会場から大きな歓声が沸き起こりました。

最後に、優勝・準優勝チームにそれぞれ表彰状と副賞が手渡され、参加した学生たちは互いの健闘に拍手を送り、会場は清々しい空気に包まれながら無事終了しました。
なお、当大会は、学生の自治活動である学友会の手によって、企画・準備から運営まですべてなされ、まさに「学生が主役」の本学にふさわしい大会となりました。

秋晴れの下、短大周辺地域を歩きながら清掃活動

9月22日(土)、短大の位置する「洛西」を歩きながら清掃活動を行う、第3回 洛西クリーンウォークを開催しました。

朝、短大に集まった参加者は、ゼッケンとゴミ袋、掃除道具を受け取り、一路目的地に向かいました。 その道すがら、歩道に落ちたゴミを拾うと、手にしたゴミ袋はみるみるうちに一杯になっていました。 目的地である天皇の杜古墳でしばらく休憩したあと、今度は来た時とは反対側の歩道を清掃しながら短大へと戻りました。

照りつける陽射しに、皆、大粒の汗を流していましたが、きれいになった歩道を見て、清清しい気持ちになっていました。

京都経済短期大学では、今後もこのような地域清掃活動を行っていきます。 次回は10月20日に地域のNPO団体と共催で、近隣の川の清掃活動を行う予定です。

16 / 17« 先頭...10...1314151617