INFORMATION

156名の新1回生 卒業めざし離陸完了

新1回生は4月9日から始まる前期授業を前に、4月2日(月)より7日(土)までの6日間、「前々期期間」の学習に臨みました。

この期間は早期に大学生活に慣れる事を目的に設定されたものです。学生は様々な行事に参加し、教職員の説明に耳を傾けました。そして休憩時間には友人とのお喋りに心弾ませ、外部講師からも様々な情報を入手しました。

今 年度は学習に伴う一般的なガイダンスに加え、外部講師として弁護士による“ハラスメントガイダンス”さらに金融機関の人事部門経験者による“進路ガイダン ス”を開講しました。最終日のフレッシュデーでは午前の主軸企画として二名の教員から「大学での学びについて」というテーマでの講義が進められ新入生は熱 心にノートをとっていました。午後の部では本学への理解をより深めるためにゼミ別の対抗戦形式での“クイズ”と“レクリエーション”を実施。156名の熱 気は最高潮に。

新1回生の歓声がキャンパスに木霊(こだま)し友情が確かめられ終了しました。