コース・教育内容

多彩なテーマのゼミナールで専門的な学びを深めます。

ゼミナール(ゼミ)とは、担当教員の指導のもと、少人数の学生が集まり、研究・発表・議論などを行う講義。ゼミでは卒業研究・卒業論文にも取り組むため、学生は興味のあるテーマを選び、専門的な学びを深めていきます。短期大学でゼミが設置されているところは珍しく、その内容はバラエティに富んでいます。


ゼミテーマ

  • 加藤 悟 学長

    「身近な社会経済現象を探求する」

  • 加藤 康 教授

    「サプライチェーンを考える」

  • 佐藤 健司 教授

    「企業のマネジメント―ケース・スタディと実践―」

  • 小路 真木子 教授

    「コンピュータシミュレーション」

  • 森﨑 巧一 教授

    「情報デザイン・感性心理学」

  • 小島 理沙 准教授

    「環境問題をメインテーマに、持続可能な未来を考える」

  • 高橋 和志 講師

    「経営学の今日的課題と地域社会への理論的実践」

  • 伏見 康子 准教授

    「会計の役割と活用」

  • 功刀 祐之 講師

    「地域の経済について」

  • 高阪 勇毅 講師

    「日経STOCKリーグで考えるこれからの日本」

  • 近藤 汐美 講師

    「日経STOCKリーグから学ぶ企業会計」

  • 濱口 喜広 講師

    「経済成長理論に基づいた経済分析と政策提言」

学生による主な研究テーマ

  • VRビジネスの将来性について
  • UNIQLOのビジネスモデル
  • 若者の自動車離れについて
  • 鉄道会社の費用と鉄道運休に関する計量経済分析
  • 働き方改革は出生率を引き上げるのか?
  • オンライン上のフェイクニュースに対する取り組み
  • 3つの思考とそこから生まれる発想
  • 冷凍食品のサプライチェーン
  • オーガニック化粧品のサプライチェーン
  • キャッシュフロー計算書による企業分析
  • ペットショップ0の可能性
  • 新型コロナウイルスによる暮らしとごみの変化
  • 京都市と全国の食品ロス比較
  • 伝統工芸品×ガチャガチャ ―文化継承を目指した商品の提案 ―
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが人気の理由
  • レジ袋とエコバッグが地球環境に与える影響
  • 世界と日本の食品ロス
  • eスポーツと地域創生
  • 人気アニメの実写化に関する考察
  • オンライン実験の有効性の検証 ―心理学の顔刺激の課題を用いて ―
  • 村田製作所の成長の要因と分析
  • 「日本の文化」を知る年賀状
  • ほか

ゼミナール研究発表会

2年間の学びの集大成を発表する場。

全学生が学園ホールに集い、2年間の学びの成果を発表し合います。活動報告と研究成果の発表を行った後、活発な質疑応答と意見交換が行われます。
プレゼンテーション能力を競い合う格好の機会でもあり、会場は熱気いっぱいの雰囲気に包まれます。

ゼミナール研究発表会