コース・教育内容

多彩なテーマのゼミで専門的な学びを深めます。

ゼミナール(ゼミ)とは、担当教員の指導のもと、少人数の学生が集まり、研究・発表・議論などを行う講義。ゼミでは卒業研究・卒業論文にも取り組むため、学生は興味のあるテーマを選び、専門的な学びを深めていきます。短期大学でゼミが設置されているケースは珍しいですが、本学では1回生後期からスタート。その内容はバラエティに富んでいます。


ゼミナール活動紹介

  • 加藤 悟 学長

    「環境資源を活用した合理的なビジネス」

  • 加藤 康 教授

    「サプライチェーンを考える」

  • 佐藤 健司 教授

    「企業のマネジメント―ケース・スタディと実践―」

  • 小路 真木子 教授

    「オープンデータの活用」

  • 森崎 巧一 教授

    「情報デザイン」

  • 今瀬 政司 准教授

    「自治と協働による地域づくり」

  • 小島 理沙 准教授

    「ごみを減らそう!容器包装削減に向けた消費者コミュニケーション」

  • 伏見 康子 准教授

    「会計の役割と活用」

  • 安木 新一郎 准教授

    「企業社会におけるICT(情報通信技術)の利用について」

  • 石村 雄一 講師

    「公共政策の経済評価」

  • 近藤 汐美 講師

    「経営分析から会計学を学ぶ」

  • 高橋 和志 講師

    「地域社会を経営理論の視点からみる」

  • 田村 輝之 講師

    「さまざまな『人間行動』を考える」

主な研究テーマ

  • アイスクリームのサプライチェーン
  • ガリガリ君はなぜ大ヒットしたのか
  • 京都駅構内マップナビの開発
  • グリーとガンホーの財務比較
  • 社会貢献ビジネスの研究 ―社会貢献活動と仕事―
  • スターバックスの経営スタイル
  • セブンイレブンとローソンの財務分析
  • 潜水艦GAME
  • 専門秘書に関する研究 ―パラリーガル(弁護士秘書)、 医療秘書の二つの分野での分析―
  • 卒業しよう! ―単位集めゲーム―
  • softbankのブランド戦略 ―企業経営とCM―
  • ダイハツとスズキの財務分析
  • どこにいるの? ―必ずあなたを見つけます―
  • 地域と大学の共生プロジェクト
  • 日本と海外の経営と働き方
  • 日本のテーマパークを海外へ ―私たちが考えるグローバル化―
  • ブランドロゴマークやデザインの制作
  • 文房具女子のスマート計画
  • ボールパーク化戦略 ―顧客拡大の模索―
  • まちづくり京都の独自性
  • ゆるキャラと町おこし
  • 洛西ニュータウンにおける環境問題 ―なんきんはなぜの会を事例に―
  • ほか

ゼミナール研究発表会

2年間の学びの集大成を発表する場。

全学生が学園ホールに集い、2年間の学びの成果を発表し合います。活動報告と研究成果の発表を行った後、活発な質疑応答と意見交換が行われます。
プレゼンテーション能力を競い合う格好の機会でもあり、会場は熱気いっぱいの雰囲気に包まれます。

ゼミナール研究発表会

コース・教育内容

scroll to top