コース・教育内容

Accounting組織の活動において重要な会計情報の作成の方法や意義を学ぶ。

学びの特色

企業をはじめ、国やNPOなどさまざまな組織の活動においては、多くの場合、お金の動きが伴います。会計は、それらの組織の活動を貨幣額で記録・計算し、その結果を報告するシステムであり、会計情報は重要な経営情報の一つです。会計経理コースでは、会計における記録・計算・報告の方法や会計の意義、会計処理の基礎にある基本的な考え方について学んでいきます。

授業風景

健全な会計マインド(会計観)を備えた人材へ

会計の方法である複式簿記(簿記一巡の手続き)を学修します。財務諸表の作成に関するさまざまなルール(会計基準)と、基礎的な考え方を理解し、実際に作成できるようになるとともに、正しい会計情報を作成することの重要性を学びます。

授業 Pick up!

「中級簿記」

商業簿記初級レベルを理解していることを前提とした上で、「商品の特殊売買取引」「帳簿組織」「本支店の簿記」「株式会社の簿記」などについて学びます。練習問題や日商簿記検定の過去問題に取り組みながら、日商簿記検定1・2級の取得を目指します。

モデルカリキュラム

年度によって変更の可能性があります
 1回生後期2回生前期2回生後期
必 修ゼミナールⅠゼミナールⅡゼミナールⅢ
必修に
準ずる
会計学Ⅰ
初級簿記Ⅲ
中級簿記Ⅰ
中級簿記Ⅱ
原価計算論
工業簿記
経営管理論
会計学Ⅱ
原価計算論
財務分析論
財務会計論
履修が
望ましい
企業論
マネジメント史
表計算技能演習
税務会計論Ⅰ
中小企業論
経営戦略論
情報セキュリティ
プレゼンテーション
税務会計論Ⅱ
連結会計入門

コース・教育内容

scroll to top