コース・教育内容

Accounting & Finance重要な経営資源の一つである資金を可視化し、お金に命を吹き込む力を習得する。

資金を可視化し、経営資源を管理できる人材へ

会計の方法である簿記を学び、財務諸表の作成に関するさまざまなルール(会計基準)と考え方を理解します。予算管理、資金調達、資金運用などにより資金を管理し、お金を活かすための基礎技術を習得していきます。

授業風景

学びの特色

会計は、資金の面から、組織の活動を記録・計算し、その結果を報告するシステムです。組織内外で流れているお金の情報を収集して、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、財務諸表などの作成方法を学んでいき、資金管理の専門家を養成します。

授業
Pick up!

「会計学」

「ビジネスの共通言語」と言われる会計の理論について理解し、財務諸表の内容とその役割を学ぶ中で、会計学的な視点を身につけます。
また、日商簿記3級・2級レベルの仕訳や計算問題も取り入れ、簿記と関連付けながら学んでいきます。

モデルカリキュラム

年度によって変更の可能性があります
1回生後期2回生前期2回生後期
会計学入門
会計学
簿記特講Ⅱ
中級簿記Ⅰ
中級簿記Ⅱ
原価計算論
企業論
財務会計論
財務分析論
税務会計論Ⅰ(工業簿記)
中小企業論
情報セキュリティ
管理会計論
連結会計論
税務会計論Ⅱ

コース・教育内容

scroll to top