シラバス一覧

科目名(担当教員) 経営情報論Ⅰ (田村 輝之)
基礎教育科目 1年生配当 後期 2単位 選択必修 要卒
テーマ データを読み解く力を習得する
履修条件(旧科目名) なし
テキスト・参考文献 テキスト:高橋信『マンガでわかる統計学』、オーム社、2004年。

◇講義概要

本講義では、データが大量に溢れる現代において、データを読み解く力を培い、データ分析の手法を学びます。データの見方が変わると、世の中の見方が変わります。データ分析が楽しく感じるよう、わかりやすく解説します。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

データ分析の基礎となる「データの見方」について学び、また統計学の「検定」の考え方を理解する。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:5  (3)社会性:3  (4)社会における実践力:3 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 本講義の目的 180 分
第 2 週 データのバラつきの指標 詳細は、授業中に指示します。 180 分
第 3 週 分散、標準偏差 同上 180 分
第 4 週 標準化(偏差値の仕組みなど) 同上 180 分
第 5 週 確率分布(正規分布など) 同上 180 分
第 6 週 相関Ⅰ:正の相関、負の相関 同上 180 分
第 7 週 相関Ⅱ:相関係数 同上 180 分
第 8 週 検定Ⅰ:検定の考え方 同上 180 分
第 9 週 検定Ⅱ:平均値の差の検定など 同上 180 分
第 10 週 検定Ⅲ:その他の検定 同上 180 分
第 11 週 検定Ⅳ:まとめ 同上 180 分
第 12 週 研究事例の紹介:回帰分析からわかること 同上 180 分
第 13 週 回帰分析Ⅰ:最小二乗法(OLS)について 同上 180 分
第 14 週 回帰分析Ⅱ:分析モデルの評価について 同上 180 分
第 15 週 全体のまとめ:本講義の要点整理および今後の学習について 同上 180 分

◇評価方法

小テスト、期末テストにより総合的に判断します。

◇課題等へのフィードバック

随時質問に対してコメントします。

◇特記事項

受講者は、テキストを事前に購入してください。
また、受講者の人数により、講義内容を一部、変更する場合があります。