• 坂手選手・大島選手がオンラインミーティングに参加

坂手選手・大島選手がオンラインミーティングに参加

坂手選手・大島選手 後輩を激励 「自分から踏み出す勇気を」

男子ラグビー部のオンラインミーティングに、昨年開催されたラグビーワールドカップ日本代表の坂手淳史選手(*1)や、トップリーグで活躍していた大島脩平選手(*2)が参加してくださいました。

自分たちのスマホやタブレットで憧れの選手と繋がり、緊張しっぱなしの部員もいたようでしたが、質問を投げかけたりアドバイスを受けたりして貴重な時間となったようです。

 

両選手から後輩たちに、「今は準備期間。良い準備ができないと結果は出ない。だからまず準備を大事にして欲しい。結果が出ないこともあるが、失敗してもいい。それが経験となって次に繋がる。」「自分で限界や枠を決めずに、自分から踏み出す勇気をもたなければならない。そういう者が自分を強くしていけるから。後輩の皆さん、勇気をもって行動しよう。」

などと激励の言葉をいただきました。生徒たちもラグビーに対する意気込みと心を新たに、オンラインでのクラブ活動や個人練習に励んでいます。

 

*1 坂手淳史選手

本校を卒業後、帝京高校に入学。主将として大学選手権7連覇に貢献しました。2016年トップリーグのパナソニックワイルドナイツに加入。ラグビーワールドカップ2019日本代表にフッカーとして選出されました。また同年、パナソニックワイルドナイツの主将に就任するなど活躍を続けています。

 

*2 大島脩平選手

本校を卒業後、関東学院大学に入学。主将として活躍し、卒業後2011年トップリーグの東芝ブレイブルーパスに加入。日本A代表に選ばれるなど、スクラムハーフとして活躍し、今年引退されました。