INFORMATION →その他

『来年は私たち学生リーダーが皆さんを迎えます!!』

受験生の皆さん、こんにちは。私たちは“学生リーダー”です。

“学生リーダー”は、来年4月に入学する皆さんが大学生活をスムーズに始められるよう、さまざまな形でサポートする組織です。例えば入学直後のオリエンテーションでは、ゼミ別集会や履修登録にサポート役として参加します。また新入生を対象に実施するフレッシュデーでは、本学についてより深く知ってもらうための企画を考えています。新入生の皆さんを迎えるために現在私たちはリーダー研修を実施し、リーダーとしての心構えを身につけています。

個性的で楽しい仲間がたくさん!先生方との距離も近く、また学年に関係なく学生同士の交流も盛ん。そんなアットホームさが京都経済短期大学の魅力です。

新入生の皆さんの毎日にたくさんの笑顔が溢れるように、学生リーダーが全力でサポートします!

【トリミング済】IMG_1946


学校教育法施行規則に基づく情報の公開

本学では、学校教育法施行規則等の一部を改正する省令に基づき、大学等が公的な教育機関として社会に対する説明責任を果たすとともに、その教育の質を向上させる観点から以下の通り情報の公表を行ないました。

大学基本情報(教育情報等の公開) – 大学について:京都経済短期大学

「大学生と健康ガイダンス」

   6/9(木)、「大学生と健康ガイダンス」 において、京都市西京保健センター 成人保健・医療係長の北内祐美子氏をお迎えし、「性感染症について」をテーマにご講演いただきました。

   ご講演では、性感染症についての基礎知識や予防方法、公的な検査機関等をご紹介いただきました。また、実物大の乳児の人形に触れる体験をしたことで、学生から「命の重さを感じることができた、親に自分が生まれたときにどんな気持ちだったのか尋ねたい」というような感想が聞かれ、性への意識が改めて高められた一日となりました。

DSCN0311
          【講師:北内祐美子氏】

   本学では、今後も積極的に学生の健康予防啓発活動に努めていきます。

各種ガイダンスを開催!“ハラスメントって何だろう?”“薬物乱用はダメ。ゼッタイ。”

 入学式から授業が始まるまでの前々期オリエンテーション期間中、1年生を対象にハラスメント防止講演会と薬物乱用防止講演会を開催いたしました。
 ハラスメント防止講演会の講師には、ウィメンズカウンセリング京都のフェミニストカウンセラー周藤由美子氏に、そして薬物乱用防止講演会には、昨年に引き続き京都市西京保健センター衛生課長の清水了氏にご講演いただきました。

 ハラスメント防止講演会では、キャンパス内で起こりうる様々なハラスメントについて学び、改めて“ハラスメントは人権侵害である”ことを強く認識する機会となりました。学生からは、「人生において必要な講演だと思った」「ハラスメントとは何か、理解することができた」「加害者にならないよう気をつけたい」「何かあったら第三者に相談する」といった感想が聞かれました。
周藤氏
【講師:周藤由美子氏】

 薬物乱用防止講演会では、実例を元に作製されたビデオを視聴し、薬物乱用がもたらすあらゆる影響について、学びました。学生からは、「ビデオがリアルで怖かった、薬物は怖い」「人生を台無しにしたくない」「NOと言える勇気が大切」「薬物乱用している人が周りにいたら全力で止めたい」といった感想が聞かれました。
清水氏
【講師:清水了氏】

 本学では、今後もハラスメント防止並びに、薬物乱用の防止の啓発活動を積極的に努めていきます。

本学メールシステムの変更について

本学にメールを送られるみなさまへ

 2011年度より、本学メールシステムが変更となります。
 つきましては、下記日程にて切替作業を行います。
 そのため、切替から数日間は、メールが遅延したり、エラーで送信できない場合があります。
 大変お手数ではございますが、この数日間に本学ドメイン宛にメールをお送りいただく場合は、その旨をお電話等でご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  なお、切替後も現在のアドレスに変更はありません。

  切替日時:2011年3月22日(火) 13:00

  本学ドメイン:@kyoto-econ.ac.jp (例:admin@kyoto-econ.ac.jp)

以上

東北地方太平洋沖地震 安否情報提供のお願い-在学生・教職員の皆様へ

このたびの東日本大震災等により被災された皆様に対しまして、心からお見舞い申し上げます。

本学学生・教職員につきましては、安否が確認できないなどの情報がありましたら、速やかに、以下宛にご連絡ください。

連絡先:

〒610-1195 京都市西京区大枝東長町3-1
京都経済短期大学 教務学生課
e-mail:kyogaku@kyoto-econ.ac.jp
TEL:(075)331-3159(代)
FAX:(075)331-3330(代)

以上

インフルエンザに注意してください!

現在、全国的にインフルエンザが流行しています。京都市内では、1月に入ってから感染者が急激に増え、学内でも流行していますので、皆さんも注意してください。
インフルエンザの主な症状は、急な高熱が出て倦怠感や、筋肉痛、関節痛等の全身症状が現れ、その症状は5日間程度続きます。風邪のような症状が出た場合には、学校には登校せずに早めに医療機関へ受診しましょう。(インフルエンザと診断された場合は、速やかに学校へ連絡し、絶対に登校しないでください。)
インフルエンザの予防としては、外出からの手洗い・うがいを徹底して行い、十分な睡眠と栄養をしっかり摂るなど、規則正しい生活を送ることです。また部屋の湿度を50%から60%に保つように、換気は欠かさず行いましょう。
学内においても、トイレに石鹸とアルコール消毒液及び紙コップを設置していますので、利用してください。マスクは、保健センターにありますので咳やくしゃみをしている人は、取りに来てください。
【参照:京都府HPhttp://www.pref.kyoto.jp/shinflu/index.html

なお、インフルエンザ等の学校感染症によって出校停止となっている場合、定期試験は以下の通り対応しています。
■レポート試験について
 レポートの提出締切日までに登校できない場合、代理提出ができますので学校へ連絡してください。なお、無断で郵送しても受理されませんので注意してください。
<代理提出できる場合>
家族の方に限り、代理提出を認めます。提出の際に、診断書を一緒に出してください。友人等家族以外の代理提出は認めません。
<代理提出が難しい場合>
学校へ連絡ののち、郵送による提出を認めます。郵送の場合は、提出締切日を必着とし、「速達」で郵送してください。できれば、「配達記録速達」にしておくと、提出の証明ができますのでお勧めします。また、診断書を同封してください。
※一般的な風邪等の場合は、代理提出及び郵送による提出はできません。
■筆記試験について
追試験を受験することができます。希望する場合は出校停止が解除になり次第、事務局にて手続きを行ってください。通学可能な目安の時期は、解熱して2日経過後又は医師が通学可能と認めた日とします。
※その他の事由等で試験が受けられない場合は、当該試験日から1週間以内に証明書類(診断書等)を提出し、追試験の申込手続きを行ってください。

<連絡先>
京都経済短期大学 学生支援課 保健センター
電話:075-331-3159(代表)、075-331-3308(保健センター直通)

メンテナンス作業に伴うネットワーク停止について

ネットワークのメンテナンス作業により、以下の時間帯にネットワークが断続的に停止します。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

日時:

  • 2011年1月26日(水)18:00~21:00(断続的な停止)

影響範囲:

  • 本学サイトへのアクセス
  • 本学メール(xxx@kyoto-econ.ac.jp)の送受信

本学の学内献血活動に対して銀枠感謝状をいただきました!

このたび、10年以上にわたる本学学内献血活動に対して、日本赤十字社京都府支部から銀枠感謝状をいただきました。昨年に続き、今年もこのような名誉ある賞状をいただくことができたのは、何をとりましても、本学の学生や教職員、ならびに関係する多くの方々によるご協力の賜物です。皆様に厚く御礼申し上げます。
本学では、今後も積極的に献血の取組みを継続してまいります。
なお、今年度は以下の通り学内献血を予定しておりますが、特に冬場は体調を崩す方が多いため献血者が減少し、医療機関では血液が不足します。多くの方が、学内献血に参加してくださることを、心よりお待ちしています。

■実施日時:2010年12月24日(金) 
午前 10:00~11:00
午後 12:00~15:30
■場所:京都経済短期大学 ピロティ前 (献血車2台)
※学内献血は、400ml献血のみの実施です。

【2009年度銀枠表彰状】                    【2010年度銀枠感謝状】

2009年度表彰状感謝状

「是非、経短の献血活動にご協力ください!!」 (2010年度保健委員より)
保健委員

野上憲男学長が文部科学大臣表彰「短期大学教育功労者」を受章されました。

京都経済短期大学学長野上憲男

京都経済短期大学学長の野上憲男先生が、このたび、短期大学教育発足60周年記念式典の表彰式において、多年にわたる短期大学教育への功績に対し、文部科学大臣から「短期大学教育功労者」として表彰されました。
このたびの受章は、京都経済短期大学に奉職する私たち教職員にとりましても、極めて名誉なことであり、心からお喜び申し上げます。