INFORMATION →学び

2017年度 ゼミナール研究発表会の開催について

 2017年12月21日(木)、明徳学園ホールにおいて『2017年度 ゼミナール研究発表会』を開催いたします。

 この研究発表会は学生にとって学術活動における集大成であり、 短大生活1年半のゼミナール研究活動を通じて研究と学習に励んだ成果を講じる場と位置づけています。

 学外の皆様からの質問、評価等が、学生にとっては有意義な経験、勉強にもなりますので、お誘いあわせの上、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

  • 日時
    2017年12月21日(木) 13:00~17:00
  • 場所
    明徳学園ホール(京都明徳高等学校内)
  • その他
    駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
  • 問い合わせ先
    京都経済短期大学 学生支援課
    TEL:075-331-3159
    FAX:075-331-3330
    e-mail:kyogaku@kyoto-econ.ac.jp

2017ゼミ研ポスター2017発表テーマ及び発表者

明徳学園創立記念奨学金並びに教育後援会奨学金授与式【報告】

 2017年10月20日(金)、明徳学園創立記念奨学生38名、京都経済短期大学教育後援会奨学生2名に対して、奨学金の給付を行うべく授与式を開催いたしました。この奨学金は、明徳学園と京都経済短期大学教育後援会が行う給付型の奨学金事業です。
 選ばれた奨学生たちは、引き続き気を引き締めて、今後の学業や課外活動で活躍してくれるものと期待しています。

森崎講師の科学研究費採択について

本学の森崎巧一講師が平成29年度科学研究費助成事業に採択されました。
種目は「研究活動スタート支援」で、本年8月からの研究開始となります。

研究課題は「画像解析を取り入れた印象評価分析ツールの開発」で、印象分析に
画像解析を導入し、より客観的に印象特徴を説明できる分析ツールの開発を目的
としています。研究期間は2018年度末までです。

基礎ゼミナール合同授業を行いました

 2017年7月20日(木)Ⅱ・Ⅲ講時、各時間開講の「基礎ゼミナール」が合同で成果発表を行う、基礎ゼミナール合同授業が開催されました。

 「基礎ゼミナール」は大学における基本的な学修方法について、実際に調査・研究・発表を行うことを通して学ぶ1年生前期必修科目です。今回の合同授業は、この前期にそれぞれの基礎ゼミナールにおいて行われた調査・研究の成果を、多くの学生の前で発表するものです。発表テーマは、身近なトピックや京都に関するものなど様々で、各発表者は見やすいパワーポイントを作成するなど、工夫して発表していました。また、発表に対して活発な質疑も行われ、調査・研究内容が深められました。

 1年生はこれから、基礎ゼミナールで修得した学修技術を、後期から始まる専門ゼミナール等に活かして学んでいきます。

00010002

00030004

2017年度第2回FDを開催

2017年7月13日(木)、全専任教員を対象とした第2回FD(ファカルティ・ディベロップメント)を開催いたしました。

講師に、京都市都市総務課の菱田課長、西京区役所洛西支所地域力推進室の秋山係長、京都市教育委員会生涯学習部の久保田主席の3名をお招きして、「洛西ニュータウンアクションプログラム」や「大学と小学校の連携活動」などの説明を受けた後、3グループに別れ「短大が教育活動として行うことができる地域連携推進」についてグループワークを行いました。

西京区にある3つの大学の一つ(他は、京都市立芸術大学と京都大学桂キャンパス)として、本学の学生がどのような地域課題を解決する活動ができるのかを講師と一緒に考え、グループ活動の成果として提案発表を行いました。

本学では、教育活動の一環として積極的に地域連携を推進していきたいと考えています。

ハラスメント防止講演会が開催されました

 2017年6月29日(木)、1年生を対象とした「ハラスメント防止講演会」を開催いたしました。

 講師に京都弁護士会より吉田容子弁護士をお迎えし、『学生生活で遭遇しうるハラスメントとその対処方法』というテーマでお話しいただきました。

 ハラスメントについての基礎知識のあと、実際に起こった事例を通して学生生活で想定されるハラスメントについてお話しいただき、ハラスメントにあった場合の対処方法についても学びました。

 学生からは、「ハラスメントの大半が過失犯的事案だと知り、防止するのは難しいと思いました。自分の意見を相手に伝え、それがハラスメントになっていることを理解させるのが一番だと思いました。」「自分にその気がなくても、自分の行動や発言で相手を傷つけてしまう場合もあるので気をつけようと思いました。」「ハラスメントは自分にも起こりうることだと思うので、もしも被害を受けたら一人で抱え込まず周囲の人に相談したいと思います。」といった感想が聞かれました。

 本学では、今後もハラスメント防止の啓発活動に積極的に努めていきます。

130134

2017年度 前期語学講座受講生募集

2017年度の留学生による無料の語学講座を5月から開講致します。

語学を学びたい方、また国際交流に興味のある方はぜひご参加ください。

開講科目および日程はこちら【PDF文書、343kb】

◆申込方法
電話・メールにて以下の事項を京都経済短期大学国際センターまでお申し込みください。

1.希望講座名
2.お名前
3.郵便番号・ご住所
4.電話番号
※ 定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

 語学講座を受講される方の駐車場はご用意致しておりませんので、公共の交通機関をご利用ください。自動車で来られた方の講座への参加はお断りさせて頂いています。自転車・バイクは駐輪可能です。

学生相談室ガイダンス

 2017年4月6日(木)、学生相談室カウンセラーで臨床心理士の岩井沙織先生が『学生相談室の利用について』というテーマで講演しました。

 「大学生は心理学的にみるとどのような時期なのか」、「学生相談室はどういう時に利用すればいいのか」、「カウンセリングはどういうことをするのか」、「カウンセリングを受けたい時はどうしたらいいか」というテーマについてわかりやすく説明しました。

 学生からは、「入学してまだ不安があるので、精神的に落ち込んだ時には利用したいです。」「安心して大学生活が送れると思いました。」「ガイダンスを聞いて、先生と話してみたいなと思いました。」といった感想がありました。

学生相談室ガイダンス

 学生相談室は、毎週金曜日の10:20~17:10に開室しています。困った時や心配な事があるときだけでなく、話をしたいと思った時は、気軽に学生相談室を利用してください。その際は、保健センターもしくは岩井先生へ予約をお願いします。

2017年度 特待奨学生証授与式挙行

 2017年4月6日(木)、新入生ガイダンスや履修登録がすべて終了した後に、23名の学生に対して特待奨学生証授与式が行われました。

 これは、特待選抜入学試験での合格者や、一般入学試験での成績優秀者に対して、授業料全額免除・半額免除の特待奨学生として認定されるものです。

 授与式には全専任教員、2年生の特待奨学生が参加し、学長の挨拶、学科長の説明などがなされました。

 本学では、特待奨学生制度で優秀な学生の学びを支援するとともに、特待奨学生同士の1年生と2年生、そして教員との交流を図り、一緒に成長するしくみを作っています。

『会計学Ⅰ』にて租税教室が行われました

 2016年12月22日(木)、「会計学Ⅰ」(近藤汐美先生担当)において、上京税務署の税務広報広聴官 宮崎功先生を講師としてお招きし、租税教室が開講されました。学生には馴染みの薄い「税」の話ですが、既に身近なところで関わっているものであり、また将来必ず必要になる知識でもあります。宮崎先生の話を聞き、学生たちはそのことを改めて認識するとともに、税の大切さを学んでいました。
122A0456

1 / 1312345...10...最後 »