INFORMATION →進路

2013年度保護者・保証人様対象進路説明会を開催しました。

 2013年10月27日(日)、2013年度保護者・保証人様対象進路説明会を本学の学園祭「秋華祭」と同日に開催いたしました。

 本説明会は、学長の挨拶に始まり、「就職」「編入学」の各進路別の分科会、その後、個別相談会と進められました。

 就職分科会では、1・2回生を分けて行われ、特に2回生は卒業までの内定獲得に向けた方策について、1回生は本学の就職への取組み紹介、企業が求める人物像などについて説明が行われました。

 一方編入分科会では、編入学試験の概要、近年の編入学試験の状況について、説明が行われるとともに、会場からの様々な質問に答えさせて頂きました。

 分科会後に行われた個別相談会では、ゼミナール担当の教員と保護者・保証人様が直接面談し、本学における日頃の様子や学習状況、そして、今後の進路について、幅広い相談が行われました。

 ご参加頂いた保護者・保証人様からは、以下の様な感想が寄せられました。

・親と子のコミュニケーションが大切なことがわかりました。

・他の編入希望の方の保護者さんの質問をお聞きすることができてよかったです。一年後には現実が迫ってきていることを実感できました。教職員の方々のお話も聞けてよかったです。参考になりました。

・本人の事を親身になって考えていただいていることがよくわかり、今後の活動をどうすればいいか、アドバイスして頂き、個別相談会に来ることが出来て本当に良かったです。ありがとうございました。

 保護者・保証人様対象進路説明会終了後は、学園祭「秋華祭」へも多数ご来場頂き、本学のアットホームな雰囲気を味わって頂けたかと存じます。

 現在、秋採用において内定確定に向けて奮闘している学生、編入学試験に向けて勉学を続けている学生がおります。

 卒業式までには全員進路を確定し巣立っていけるよう、本学では、今後も全学的に進路決定に向けた取り組みを進めてまいります。

1027_523 1027_373 1027_385 1027_394

 

 

 

2012年度 保護者・保証人様対象進路説明会開催

 2012年9月17日(月・祝)、在学生の保護者・保証人様を対象に「進路説明会」が開催されました。本説明会は学長の挨拶に始まり、「就職」「編入学」の各進路に別分科会、その後、個別相談会と進められました。
 就職分科会は、さらに1回生と2回生に分かれて開催されました。1回生就職分科会では、現在の厳しい雇用環境に対する本学の取り組みと就職活動の概要、そして、企業が求める能力について説明がされました。2回生就職分科会では、今年の就職状況と社会に求められる人物像、そして、就職における最も重要な姿勢等が説明されました。また、編入学分科会では、編入学の概要説明の後、実際に編入学をした卒業生による講演が行われました。
 分科会後に行われた個別相談会では、ゼミナール担当の先生方と保護者・保証人様が直接面談し、短大における日頃の様子や学習状況、そして、今後の進路について、幅広い相談が行われました。
 今回も多くの保護者・保証人様にご参加いただき、「子どもの短大での様子など、お聞きすることができて良かったと思います。遠方なので先生の皆様がちゃんと子どもの事を見守って下さっていると思うと、とても安心できます。」「卒業生の講演が聞けて大変良かったです。子どもに対してアドバイス出来ることなど参考になりました。」「分かりやすく丁寧に説明していただき、大変勉強になりました。帰ったら、子供にも今日のことを話したいと思います。」などの感想が寄せられ、保護者・保証人様の熱心さを感じました。
 本学では、毎年春と秋の2回、進路説明会を開催しています。
 今後も学生の進路選択に向けて、全学的な支援を行ってまいります。
進路説明会2進路説明会3

最新!編入学合格者対談

2012年2月、編入学試験に合格した3人の現役学生に合格体験談を語ってもらいました。

2年 谷口夏美さん 編入学(龍谷大学・経営学部)
2年 小原史裕さん 編入学(滋賀大学・経済学部/近畿大学・経営学部)
2年 小泉達也さん 編入学(関西大学・総合情報学部)

―「目標を見失わず努力することが大切。編入学対談
頑張る人には先生方がとことん力を貸してくれます。」
「どれだけ高くモチベーションを維持し続けられるか。
編入学を目指すなら経短は最高の大学だと思います。」―

Q:編入学のためにどんな勉強をしたの?

谷口:私は指定校推薦での編入学を目指していたので、特別な勉強をするというよりも、毎日しっかり授業に出席して、とにかく良い成績で単位をとることを心掛けていました。

小泉:確かに、経短って、編入学対策の授業も豊富で、毎回の講義を受講して良い成績を目指していくうちに、自然と力が身についてくるっていうのはあるかな。

小原:あと、春と夏には編入学対策の集中特別講義もある。実際の試験問題に即した課題とかが出て、1日5コマ、朝から夕方まででみっちり!

小泉:本当に中身の濃い講義だよね。最終日には集中力がキレそうになるんだけど(笑)、編入学したいっていう強い意志で乗り越えました!

小原:あと、僕は一般入試での編入学だったんですが、先生の存在がすごく心強かったです。
小泉:本当に。編入学を目指している人はみんな、先生のお世話になりっぱなしだったと思います。

小原:うん。英語の翻訳なども理論的に教えてくださって、添削とかも丁寧にしていただいて。本当に感謝しています。

Q:編入学先でやってみたいことは?

小原:ディベートサークルとかに入ってみたいですね。就活の面接にも役立ちそうなイメージがあるので。

谷口:私は特にクラブとかに入ってなかったので、サークル活動をしてみたいです。あと留学も!せっかくだから、海外のいろいろな国へ行ってみたいな。

小泉:僕は、経短をはじめ今まで素晴らしい先生にたくさん巡り会ってきたこともあって、教師という仕事に興味が湧いてきました。だから将来的に先生になることも視野に入れて、教職免許を取りたいという思いがあります。

Q:経短で思い出に残っていることは?編入学者対談②

小原:僕は秋華祭で、ひたすらたこ焼きを焼いてたことが印象深い。

小泉:確かに、ただひたすら必死に焼いてた(笑)

谷口:うんうん。その甲斐あって美味しかったし、よく売れた♪

小泉:あと、経営学について学んでいるだけに、たこ焼きの屋台ひとつでも売上をかなりシビアに意識してやってたな。とはいえ、需要と供給が見合わなくて、タコを余らせたのは最大のミスだった!

谷口:私も、秋華祭かな。普段は編入学に向けた授業中心の毎日で、とにかく編入学のための勉強を頑張っていたけれど、やっぱりイベントとなると、それはそれで楽しもう!と。準備は大変だったけど、気持ちが切り替えられてすごく楽しかったです。

Q:編入学をめざす後輩たちへアドバイスは?

谷口:私の経験から言えることは、やっぱり真面目に授業に出て単位を確実にとっておくということ。指定校推薦で編入学を考えていなくても、納得のいく成績を修めておくことはすごく大切だと思います。

小原:その上で、やっぱりモチベーションを保つことが大切なんじゃないかな。僕の場合、滋賀大学の編入学は特に英語が重要だったので、目標を決めて、とにかくTOEICの試験を何回も受けまくりました。短期的な目標を自分で細かく設定することでモチベーションが維持できたと思います。とはいえ、受験料と交通費で結構お金がかかったんですけど(笑)

小泉:僕もモチベーションの維持が一番大切だと思います。僕は入学当初から関西大学に編入したいという目標があって、初心を忘れず貫き通したから。頑張りすぎて、身体を壊して倒れたこともあったんだけど(笑)本当に行きたいという気持ちを持ち続ければ「為せば成る!」はずです。

2011年度 保護者・保証人様対象進路説明会開催

9月19日(月・祝)、在学生の保護者・保証人様を対象に「進路説明会」が開催されました。本説明会は、野上憲男学長の挨拶に始まり、「就職」「編入学」の各進路に分かれての分科会、その後、個別相談会と進められました。


就職分科会はさらに1回生と2回生に分かれて開催されました。1回生就職分科会では、  現在の厳しい雇用環境に対する本学の取り組みと就職活動の概要、そして、企業が求める能力について説明が行われました。2回生就職分科会では、今年の学生動向と内定率、   社会人としての心構えや本学における求職登録者のルール等の説明が行われました。また、編入学分科会では、編入学の概要についての説明が行われた後、編入学をした卒業生に  よる講演が行われました。

分科会後に行われた個別相談会では、ゼミナール担当の先生方と保護者・保証人様が直接情報を交換し、日頃の学習や今後の進路について、幅広い相談が行われました。


今回も多くの保護者・保証人様にご参加いただき、「成績表だけではわからない学校での事なども先生にお聞きして、反省などもできました。」「卒業生の皆さんの生の声を聞くことができ、とても良かったです。」「親としての子どもへの関わり方もためになり、今後実践していきたいと思います。」などの感想が寄せられ、保護者・保証人様の熱心さを感じました。


本学では、毎年春と秋の2回、進路説明会を開催しています。

今後も学生の進路選択に向けて、全学的な支援を行ってまいります。


保護者・保証人様対象進路説明会風景

保護者・保証人様対象進路説明会



保護者・保証人様対象「進路説明会」を開催

9月12日(月・祝)、本学において保護者・保証人様を対象に「進路説明会」が開催されました。
当日は野上憲男学長の挨拶の後、「就職」「編入学」分科会、個別相談会と進められました。

就職分科会では、現在の厳しい雇用環境に対する本学の取り組みや就職活動の流れ、企業が
求める能力について、編入学分科会では、編入学の概要・形態、手続方法等の大まかな流れ
について説明させていたただきました。
個別相談会では、進路や学生生活における相談など、保護者と教職員の情報交換が活発に
行われていました。

参加者からは、「子供ともよく話しあって決めていきたいと思います。」「先生に直接お伺いする
ことができ、大変嬉しく思っています。」「自己実現にむけて家庭でも支えていければと思います。」
などの感想が寄せられました。

本学では、毎年春と秋の2回、進路説明会を開催しています。
今後も学生の進路選択に向けて全学的な支援を行って参ります。

金融機関の人事担当者による学内業界研究会を開催

3月24日(水)、就職活動支援策の一環として京都市内に本店のある金融機関から人事担当者をお招きし、
学内にて業界研究会を行いました。将来金融業への就職を希望する学生が多数参加し、金融業界の現状や
働く魅力、求める人物像などの話に熱心に聞き入っていました。

 なかでも、「私たち金融業は形のない商品を取り扱っているからこそ、お客様との信頼関係を大切にしています。」
という言葉が大変印象的で、参加した学生たちも金融業界への志望意欲を高めたようです。また、入社前から
行われる独自の人材育成プログラムや入社後の詳しい仕事内容にも真剣に耳を傾け、社会人になっても向上心を
持ちつづけて、チャレンジしていくことの大切さを学びました。

 参加した学生は「インターネットの情報だけではわからないことや実際に職場で働いた経験等を細かく教えて
いただけたので、働くイメージを持つことができました。今後も企業研究等を頑張っていきたいです。」
「お客様に対してだけではなく、職場のみんなにも温かいということが理解できました。」と、語っていました。

今回の経験を活かし、一人でも多くの学生が希望する金融業界で活躍してくれることが期待されます。

1年生の就職活動が始まります

1年生後期から取り組んできた就職ガイダンスがすべて終了しました。
これまで、自己分析、業界研究、履歴書作成など、就職活動に関する準備を進めてきました。
2月には、面接マナー研修、就職筆記試験対策講座、履歴書写真撮影、メイクアップ講座など、
より実践的なプログラムが実施されました。
面接マナー研修では、身だしなみやお辞儀などの動作を一つひとつ確認しながら、自己PR、
志望動機などをしっかりアピールできるよう本番さながらの模擬面接を行いました。

面接マナー研修

面接マナー研修

また、卒業生講演会では、社会で活躍されている先輩方から自らの就職活動体験や仕事内容について
ご講演いただきました。参加した学生からは、「社会人になるとルールを守ることが大切になってくるので、
今日から心がけていきたい」「就職活動は大変だと思いますが、自分のペースであきらめずに頑張りたい」
との声も聞かれ、有意義な講演会となったようです。

卒業生講演会

卒業生講演会

いよいよ就職活動が本格的に始まります。
これまで学んだことを活かし、最後まであきらめずに就職先を見つけてくれることを期待します。

1年生就職活動準備中

本学では、1年生後期から就職希望者を対象に就職ガイダンスを実施しています。
定期試験後の2月は、集中的に様々な就職行事を実施します。
面接マナーや筆記試験攻略法などを学び、3月から本格的に始まる就職活動の準備を始めています。

2月の就職行事日程

日程
内容
2月3日~4日 個人面談
2月5日 履歴書用証明写真撮影
2月8日~12日 キャリアプランニング特別講義
2月16日 卒業生講演
2月17~18日 就職筆記試験対策講座
2月19日 就職メイクアップ講座
2月22日~23日 面接マナー研修
2月24日 就職筆記模擬試験
2月25日 電話のかけ方・手紙の送り方講座

四年制大学編入学試験合格者数 中間報告

12月に本学学生が四年制大学の編入学試験を受験し、3名が合格いたしました。
3月にかけて編入学試験が本格化するため、今後さらに合格者数が増加する見込みです。
京都経済短期大学は、全学生の目標実現を最後まで徹底的に支援いたします!

<四年制編入学試験合格者数 中間報告>

合格者数
36名( 編入学志望者41名中 )

【内訳】

国立大学
香川大学1名、滋賀大学2名
公立大学
名古屋市立大学1名
私立大学
愛知学院大学1名、追手門学院大学8名、大阪経済大学3名、 大阪産業大学2名
関西大学2名、京都学園大学1名、京都産業大学5名、京都橘大学1名、近畿大学1名、
神戸学院大学2名、佛教大学1名、桃山学院大学4名、龍谷大学1名

[2010年1月8日現在]

卒業生・進路決定者による講演会

kouen 2009年1月15日(木)、1年生を対象に就職および編入学の進路別講演会が開催されました。この講演会は進路ガイダンスの一環で、卒業生および進路が決定した2年生の体験を聞き、自分自身の進路選択に活かすための取り組みです。

就職希望者の会場では、卒業生から現在の仕事内容や会社を選んだ理由、そして内定者からは、学生生活の過ごし方や就職活動についてお話いただきました。就職活動でも、仕事においても、コミュニケーション能力や行動力が大切である点が語られました。

参加者たちは、
「自分をしっかりと持って就職活動に取り組みたい」
「自己分析をして、どんな人間なのか精一杯伝えていきたい」
と、本格的に始まる就職活動に向けて意欲を高めていました。

一方、編入学希望者の会場では、卒業生(四年制大学在学中)から編入学後の自主的な勉学意欲によって大学生活が大きく変化する事や、進路活動にも早期に取り組まなければならない点が強調されました。また、編入学試験に合格することだけを考えるのではなく、編入学後のイメージを持って取り組むことの大切さについてもお話いただきました。
そして2年生からは、本学での授業を振り返り、日頃の地道な勉強が志望大学への夢につながる大きな「力」となる等のノウハウが紹介されました。

講演後には積極的に質問する学生もおり、実り多い講演会となったようです。今回の気づきを大切に、自分の希望する進路を選択して欲しいと思います。


1 / 212