INFORMATION

『9.20 GLOCAL SESSION』にて本学学生が発表

 2014年9月20日(土)、京都産業大学むすびわざ館(五条壬生川)にて行われた9.20 GLOCAL SESSION 京都ギャップイヤー事業 中間発表において、本学「プロジェクト演習【京都の企業の魅力発信プロジェクト】」(担当:佐藤健司教授・学科長)履修学生が発表を行いました。

 このSESSIONを開催したNPO法人グローカル人材開発センターとは、京都府内の大学・短期大学生が社会に出て活躍するために、①社会人基礎力を身につけること、②社会との接続を持つこと、③地域帰属意識を醸成することを目的として、産官学連携事業・教育をコーディネートする組織です。

 本学「プロジェクト演習【京都の企業の魅力発信プロジェクト】」では、グローカル人材開発センターの支援を受け、京都にある企業に取材を行い、その魅力や特色を調査・分析・整理し、発信することを通じて、グローバルおよびローカル両面からの見方や考え方を養うことを目指しています。

 今回のSESSIONでは、他大学のプロジェクトとともに、上記プロジェクト演習履修学生が発表を行いました。発表では本学2回生の5人が、これまで調査してきた様子や会社の魅力、またそこから見える京都企業の魅力について、簡潔に分かりやすく紹介しました。発表の後、学生たちは企業の方や他大学の学生とともに、いくつかのテーブルに分かれてワークショップを行いました。発表においてもワークショップにおいても、本学学生は生き生きと自信を持って取り組みました。

 今回のSESSIONには、学園本部からも須永章義常務理事や日野真代学園本部長をはじめとした多くの方にご出席いただき、発表を見守っていただきました。学園本部からもご理解とご支援をいただき、誠にありがとうございます。

 本学では今後も、このような社会との連携を行い、社会性および社会における実践力を持った学生の育成に努めていきます。

9.20 GLOCAL SESSION