INFORMATION

卒業生・進路決定者による講演会

kouen 2009年1月15日(木)、1年生を対象に就職および編入学の進路別講演会が開催されました。この講演会は進路ガイダンスの一環で、卒業生および進路が決定した2年生の体験を聞き、自分自身の進路選択に活かすための取り組みです。

就職希望者の会場では、卒業生から現在の仕事内容や会社を選んだ理由、そして内定者からは、学生生活の過ごし方や就職活動についてお話いただきました。就職活動でも、仕事においても、コミュニケーション能力や行動力が大切である点が語られました。

参加者たちは、
「自分をしっかりと持って就職活動に取り組みたい」
「自己分析をして、どんな人間なのか精一杯伝えていきたい」
と、本格的に始まる就職活動に向けて意欲を高めていました。

一方、編入学希望者の会場では、卒業生(四年制大学在学中)から編入学後の自主的な勉学意欲によって大学生活が大きく変化する事や、進路活動にも早期に取り組まなければならない点が強調されました。また、編入学試験に合格することだけを考えるのではなく、編入学後のイメージを持って取り組むことの大切さについてもお話いただきました。
そして2年生からは、本学での授業を振り返り、日頃の地道な勉強が志望大学への夢につながる大きな「力」となる等のノウハウが紹介されました。

講演後には積極的に質問する学生もおり、実り多い講演会となったようです。今回の気づきを大切に、自分の希望する進路を選択して欲しいと思います。