大学編入

編入後、オーストラリアへ
夢へ向かって邁進しています

同志社大学 経済学部 進学

岩坂 直弥2015年3月卒 滋賀県立東大津高等学校 出身

バスケットボール部に所属して勉強とクラブ活動を両立した2年間でした。経短の編入サポート体制は充実しているのでとても有り難かったです。将来の夢は、グローバルなステージでバリバリ活躍すること。夢へ向かって前進していきたいです。

海外で働く夢を胸に、頑張ることができました

同志社大学 経済学部 進学

細木 拓哉2015年3月卒 島根県立三刀屋高等学校 出身

フットサル部の主将として勉強とクラブ活動を両立した2年間でした。経短の編入支援体制は充実しているので有り難かったです。将来の夢は、商社マンとして海外でバリバリ仕事をすること。一歩一歩着実に前進していきたいです。

大学編入そのものが自分を支える確かなものに

メルボルン大学大学院 進学

豊島 稚羽矢2013年3月卒 長崎県立長崎北陽台高等学校 出身
同志社大学 経済学部 編入

“自分に負けないように”と母に背中を押され経短の門を潜りました。編入は未知で雲を掴む感覚でしたが、気の置けない仲間や職員の方々のおかげで、人生の小さな1歩を踏み出すことができました。今では、編入そのものが自分を支える確かなものとなっています。

この大学で、初めて、真剣に勉強と向き合えた。

大阪経済大学 経営学部 編入

小野 光法2012年3月卒 京都府立東稜高等学校 出身

僕は京都経済短期大学に入学することで、初めて真剣に勉強というものに向き合うことができました。先生にいつもわかりやすく教えていただいたおかげで、自分の進路に必要な勉強にしっかり取り組めました。また勉強だけではなく、卒業後も仲良く付き合える友だちがたくさんできたことも、この大学を選んで良かったと思えるところです。大阪経済大学に編入したのは、将来金融機関に就職したかったから。進学先でも色んな友だちができ、貴重な経験もできました。そのおかげもあり、複数の証券会社から内定をいただくことができました。とにかく、高校生には、夢を諦めないでほしいです。頑張れば、きっと夢に手が届くはず。ここにはそのシステムが整っています。

社会への視野を広げてくれた2年間。これからは世界を舞台に挑戦します。

京都産業大学経済学部 編入/立命館大学大学院修士課程 卒業

卯瀧 隼也2010年3月卒 京都成章高等学校 出身

在学中は経済・経営の基礎を学ぶとともに、ゼミの活動を通じてさまざまな活動にも参加しました。そこで少しずつ社会に対する視野が広がったことが、大学編入を志す契機になりました。京都経済短期大学では、学生一人ひとりの希望に応じて個別に支援を行ってくれますし、教職員の方々がとても熱心にサポートしてくださったことを覚えています。卒業後は京都産業大学に編入して、大学院は立命館大学へ進学しました。しかし、就職活動の際には思うように就職先が決まらず、悩んだ時期もありましたが、今となっては自分を見つめ直すための良い機会になったと思っています。現在はアパレル関連のグローバル企業で総合職として勤務。今後はより多くの人々に喜んで使っていただける製品を開発して、世界中へ広めていきたいです。

厳しくも愛情いっぱいの指導のおかげで“人間力”が身についた

滋賀大学経済学部 編入

ペレイラ 健太朗2010年3月卒 京都府立朱雀高等学校 出身

経短卒業後、滋賀大学に編入しました。「経短は大学編入に強い」と聞いて入学しましたが、実際に大学編入に対応した授業や豊富な試験対策科目が展開されており、サポート体制の充実ぶりを実感。特に個別指導は徹底されていました。試験に合格するための勉強だけでなく、モノの考え方やマナーといった幅広い教養を先生方から教わりました。さらに、将来のことも見据えた指導をしてくださったおかげで、「人間力」が養われたと思います。現在は、繊維開発からスキンケア、情報、環境まで多様な事業をグローバルに展開する会社に就職し、医薬営業部門でMR(医薬情報担当者)の仕事をしています。薬学系の大学で学んだ人が多い同期の中で、半期の売上でトップの成績を取ったことは自信につながりました。これからも医薬の知識を習得するための勉強を継続し、新しいことに積極的にチャレンジしていきたいです。

大学編入

scroll to top