シラバス一覧

科目名(担当教員) 情報デザイン論 (森崎 巧一)
専門教育科目 1年生配当 後期 2単位 選択 要卒
テーマ ユーザ中心視点の情報デザイン、感性工学(印象評価)の基本を学ぶ。
履修条件(旧科目名) 情報処理概論を履修し、単位を取得していることが望ましい。
デザインの基本的な理論、デザインの分析などに興味のある学生を対象。
テキスト・参考文献 (テキスト)
若林尚樹『Webインタフェースで学ぶ インタラクションと情報のデザイン』オーム社

(参考文献)
石田優子、有限会社アルファサラボ『Webユーザビリティ・デザイン Web制作者が身につけておくべき新・100の法則』インプレスジャパン
井上勝雄『インタフェースデザインの教科書』丸善出版
※上記以外の参考となる文献は講義中に適宜紹介します。

◇講義概要

図形の表現や色彩、認知科学、ユーザビリティ等に触れながら、人にとって利用しやすく分かりやすいデザインについて理解を深め、ユーザ視点の情報デザインの基本について学ぶ。
また、印象評価法を用いた感性工学についても学習する。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

ユーザ中心視点の情報デザインおよび感性工学について学び、その基本的な考え方や方法ついて理解することが目標である。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:3  (3)社会性:3  (4)社会における実践力:3 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 情報デザインについて 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 2 週 WWW(World Wide Web) 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 3 週 デザインにおける経験 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 4 週 図形について1 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 5 週 図形について2 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 6 週 グラフィックのデザイン 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 7 週 インタラクションのデザイン1 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 8 週 インタラクションのデザイン2 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 9 週 ユーザビリティ1 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 10 週 ユーザビリティ2 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 11 週 感性工学1 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 12 週 感性工学2 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 13 週 感性工学3 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 14 週 感性工学4 講義で資料配布、授業中に完了しなかった課題は次回までの宿題 180 分
第 15 週 感性工学5、及びレポート提出 レポート提出 180 分

◇評価方法

日常の課題と最終のレポートで評価します。
全授業の1/3(5回)を欠席した学生は単位を認めません。
上記に加えて、受講態度なども総合して評価します。

◇課題等へのフィードバック

前回の課題については、次回授業冒頭で解説を行う。

◇特記事項

情報処理室2を利用します。
授業内容や課題を十分理解するために、図書館や情報処理室を利用して調べて下さい。
授業計画は暫定的な内容です。状況や受講生の理解度により変更の可能性があります。

<制限人数30名>1年生優先、定員に余裕がある場合のみ1年生も受講可能。定員を超えた場合、2年生は抽選となる。人数超過の場合は、履修登録後に抽選を行う。情報処理概論を履修し、単位を取得していることが望ましい。