シラバス一覧

科目名(担当教員) 福祉の経済学 (許 燕華)
専門教育科目 2年生配当 後期 2単位 選択 要卒
テーマ 社会福祉の国際比較
履修条件(旧科目名) なし
テキスト・参考文献 教科書なし。参考文献は必要に応じ、授業のなかで知らせる。

◇講義概要

 本講義では、私たちの生活と密接な関係がある社会福祉に対して、その国際的展開状況、財源の支出、日本における詳しい諸制度及び社会問題を検討していく。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 この講義では、医療保障制度、失業保険、介護、雇用など生活上の課題を解決する対応策として、社会福祉の現状と課題についての認識を得ることを目標とする。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:3  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:4 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 社会福祉とは 授業中に、適宜、指示します。 180 分
第 2 週 福祉国家:スウェーデン、ドイツ 同上 180 分
第 3 週 福祉国家:イギリス、アメリカ 同上 180 分
第 4 週 福祉国家:日本、韓国 同上 180 分
第 5 週 市場経済と福祉国家 同上 180 分
第 6 週 日本の福祉と財政 同上 180 分
第 7 週 医療保険 同上 180 分
第 8 週 介護保険 同上 180 分
第 9 週 年金 同上 180 分
第 10 週 障害者福祉 同上 180 分
第 11 週 社会手当 同上 180 分
第 12 週 生活保護 同上 180 分
第 13 週 少子高齢化社会における課題 同上 180 分
第 14 週 試験 同上 180 分
第 15 週 共通講義 180 分

◇評価方法

・平常点(リアクション・ペーパー、ディスカッション) 60%
・定期試験 40%(ノート、資料持ち込み可)

◇課題等へのフィードバック

不定期に行う予定のリアクション・ペーパーに対して、その翌週授業の冒頭で解説を行う。

◇特記事項

・毎回資料を配布。
・次のような行為は厳に慎んでください。
1. 遅刻・早退をすること。やむをえない理由のある方は、あらかじめ知らせてください。
2. 他の受講生の迷惑になること。携帯電話・スマートフォン等は音が出ないように設定。
3. 不正をすること。リアクション・ペーパーや試験での剽窃、カンニングなど。