シラバス一覧

科目名(担当教員) 税務会計論Ⅰ (埴岡 忠清)
専門教育科目 2年生配当 前期 2単位 選択 要卒
テーマ 法人所得税の計算と仕組み
履修条件(旧科目名) なし
テキスト・参考文献 英光社「法人税法テキスト」

◇講義概要

税務会計とは、税法の規定に基づき課税所得を算出する会計領域である。本講義では、簿記の知識を踏まえながら税務会計論について基礎から講義を行います。さらに、実務の面から、申告書の作成まで実践的な講義をします。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

所得税法に基づく税務会計の仕組みの理解
法人の確定申告書の作成

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:5  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:3 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 共通講義 180 分
第 2 週 法人税の概要 教科書の4~12ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 3 週 所得金額の計算 教科書の13~19ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 4 週 「益金の額」計算方法 ① 教科書の20~23ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 5 週 「益金の額」計算方法 ② 教科書の24~30ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 6 週 「損金の額」計算方法 ① 教科書の31~39ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 7 週 「損金の額」計算方法 ② 教科書の40~51ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 8 週 「損金の額」計算方法 ③ 教科書の52~65ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 9 週 「損金の額」計算方法 ④ 教科書の66~78ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 10 週 「損金の額」計算方法 ⑤ 教科書の79~86ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 11 週 法人税額の計算 ① 教科書の87~90ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 12 週 法人税額の計算 ② 教科書の91~97ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 13 週 同族会社 教科書の98~101ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 14 週 法人税の申告と納税 教科書の102~106ページを読んで予習しておくこと。 180 分
第 15 週 まとめ 180 分

◇評価方法

平常点(受講態度・レポート等)および定期試験によって総合的に評価します。

◇課題等へのフィードバック

毎授業の質問に対しては、次回授業の冒頭で説明を行う。

◇特記事項

法人所得税を理解するには、授業だけでは時間が足らないので、復習と補充学習を心がけてください。学習状況に応じて授業計画・授業内容を変更する場合があります。電卓は持参してください。授業の欠席は5回までとします。