シラバス一覧

科目名(担当教員) 経済学演習Ⅰ ()
専門教育科目 2年生配当 前期 1単位 選択 非要卒
テーマ 一般編入試験で4年制大学へ合格できる能力の修得をめざす。
履修条件(旧科目名) 編入関連の授業を履修していることが望ましい。
本科目は要卒単位に含みません。
テキスト・参考文献 『世界経済入門』『Q&A日本経済』(日本経済新聞社)

◇講義概要

経済に関する基本的かつ重要なテーマに関する小論文作成能力の向上を目指す。また編入試験に出る経済学に関する専門的問題に対応できる能力を養成する。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

経済関連の編入試験及び面接試験に対応できる総合力を身につけることを目標とする。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:4  (3)社会性:3  (4)社会における実践力:3 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 共通講義 その他の参考文献は授業中に指示する。 45 分
第 2 週 世界経済をみる基本視点 経済用語300選 45 分
第 3 週 グローバリゼーションとローカリゼーション 同上 45 分
第 4 週 WTO・FTA・TPPなど貿易の諸問題 経済の共同行動、比較優位の原理 45 分
第 5 週 国際投資と多国籍企業 経済用語300選 45 分
第 6 週 世界と日本の人口問題 少子高齢化 45 分
第 7 週 食糧・エネルギー・資源 生産要素の経済学 45 分
第 8 週 環境問題 市場の失敗と外部経済 45 分
第 9 週 環境問題Ⅱ コースの定理 45 分
第 10 週 格差と貧困のグローバルな展開 経済用語300選 45 分
第 11 週 新興国経済の発展と先進国の停滞 経済用語300選 45 分
第 12 週 デフレとインフレの世界的な現れ デフレ・インフレモデル 45 分
第 13 週 世界金融危機後の財政・金融政策 グローバル化されたGDPモデルの計算問題 45 分
第 14 週 為替変動と国際資本移動 グローバル化されたIS-LMモデル 45 分
第 15 週 まとめ
総括と今後の学習計画
経済用語300選 45 分

◇評価方法

レポート課題と平常点。配点は50%ずつを基本とする。

◇課題等へのフィードバック

学生の理解度に応じて適宜行う。

◇特記事項

各自のノートを成績評価に加味する。