シラバス一覧

科目名(担当教員) 工業簿記 ()
専門教育科目 1年生配当 後期 2単位 選択 要卒
テーマ 工業簿記の基本的な仕組みと個別原価計算方法
履修条件(旧科目名) 初級簿記Ⅱを履修済みであり(もしくは日商簿記3級を取得済み)、
原価計算論(春休み開講科目)と同時履修することを条件とします。
テキスト・参考文献 開講時に指定します。
(参考文献)岡本清・廣本敏郎『段階式日商簿記 2級工業簿記』税務経理協会
      岡本清・廣本敏郎『段階式日商簿記ワークブック 2級工業簿記』税務経理協会

◇講義概要

 工業経営に適用される工業簿記について学習します。特に、受注生産を前提とする個別原価計算方法(受注製品の製造に要した個別原価を正確に計算する手続き)を具体的に学習し、複式簿記に基づいた工業簿記の基本的な仕組を理解することを目的とします。また、練習問題に取組み、最終的には日商簿記2級レベルの過去問題を処理できるように進めていく予定です。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 本講義では、日商簿記検定2級工業簿記の内容(ただし、個別原価計算まで)を学習・理解することを目的とします。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:5  (3)社会性:3  (4)社会における実践力:5 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 はじめに
:商業簿記と工業簿記
復習:第1章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 2 週 原価構成と勘定連絡(1) 復習:教科書第2章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 3 週 原価構成と勘定連絡(2) 復習:教科書第3・4章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 4 週 材料費会計(1)
:材料および材料費の分類と材料の購入額の計算
復習:教科書第5章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 5 週 材料費会計(2)
:材料の消費額の計算と期末棚卸高の計算
復習:教科書第5章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 6 週 材料費会計(3)
:材料費会計総合問題
復習:教科書第5章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 7 週 労務費会計(1)
:労務費の分類と労働力の購入額の計算
復習:教科書第6章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 8 週 労務費会計(2)
:労働力の消費額の計算
復習:教科書第6章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 9 週 経費会計 復習:教科書第7章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 10 週 製造間接費会計
:製造間接費の実際配賦と予定配賦
復習:教科書第8章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 11 週 個別原価計算(1)
:単純個別原価計算(1)
復習:教科書第9・10章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 12 週 個別原価計算(2)
:単純個別原価計算(2)
復習:教科書第9・10章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 13 週 個別原価計算(3)
:部門別個別原価計算
復習:教科書第9・10章
課題:ワークブック・プリント配布等、授業中適宜指示します。
180 分
第 14 週 総括 第1~第10章の重要な論点の総復習 180 分
第 15 週 共通講義 180 分

◇評価方法

1 平常点(受講態度、ミニテスト)および定期試験によって評価します。

◇課題等へのフィードバック

小テスト・課題を実施した場合は、講義中に解説をして内容の確認を行います。

◇特記事項

1 復習(練習問題への取組)を求めます。
2 受講生の学習状況に応じて、授業計画、授業内容を変更することがあります。
3 「工業簿記」および「原価計算論」を履修することにより、工業簿記全体を学習することになります。
4 後期期間中の土曜日に講義(4回)を実施します。