シラバス一覧

科目名(担当教員) 経済講読Ⅰ (石村 雄一)
専門教育科目 1年生配当 後期 2単位 選択 非要卒
テーマ ミクロ経済学の基礎理論について学ぶ。
履修条件(旧科目名) 四年制大学への編入希望者。
テキスト・参考文献 【テキスト】特になし(適宜、講義資料を配布します。)
【参考文献】「ミクロ経済学の力」,神取道宏,日本評論社,2014

◇講義概要

私たち個人が物やサービスを消費する際の行動や満足度について、経済学の視点から考えます。
なお、四年制大学への編入学を目指している人で経済学部を希望している人は、特にミクロ経済学とマクロ経済学の基本をしっかり押さえておく必要があります。
3年次編入後、専門課程に入りますので、その際に必要な知識をここで学んでおいてください。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

・四年制大学3年次への編入学を希望する学生を念頭に置き、「編入学後、3年次以降の講義を受ける際に必要となる知識」の修得を目指す。
・ミクロ経済学の基礎知識を習得し、経済学関連科目がより深く理解できるようになる。
・現代社会を経済学的な視点から読み解けるようになる。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:4  (3)社会性:3  (4)社会における実践力:3 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 ミクロ経済学とは 翌週の講義までに講義内容を復習すること。 180 分
第 2 週 市場メカニズム(1):需要と供給 同上 180 分
第 3 週 市場メカニズム(2):市場均衡 同上 180 分
第 4 週 市場メカニズム(3):余剰分析 同上 180 分
第 5 週 消費者理論(1):無差別曲線 同上 180 分
第 6 週 消費者理論(2):予算制約と最適消費 同上 180 分
第 7 週 消費者理論(3):代替効果 同上 180 分
第 8 週 消費者理論(4):所得効果 同上 180 分
第 9 週 中間テスト 同上 180 分
第 10 週 生産者理論(1):利潤最大化と費用関数 同上 180 分
第 11 週 生産者理論(2):損益分岐点と操業停止点 同上 180 分
第 12 週 生産者理論(3):独占市場 同上 180 分
第 13 週 生産者理論(4):寡占・複占市場 同上 180 分
第 14 週 ゲーム理論 同上 180 分
第 15 週 期末テスト 180 分

◇評価方法

課題提出:20%、中間テスト:40%、期末テスト:40% 

◇課題等へのフィードバック

適宜、講義内において確認問題を配布し、解説をおこなう。

◇特記事項