シラバス一覧

科目名(担当教員) 経営講読Ⅱ (加藤 悟)
専門教育科目 2年生配当 前期 2単位 選択 非要卒
テーマ 一般試験または協定推薦での4年制大学への編入学および編入後の学業のために必要となる経営学の基礎・応用を習得する
履修条件(旧科目名) 本科目は要卒単位に含みません
テキスト・参考文献 日本経済新聞社編『200年企業(Ⅱ、Ⅲ)』日経ビジネス人文庫、2010, 2011, 2013
講義開始時に資料を配布する。

◇講義概要

 本講義では、4年制大学で受講する経営学系の講義を理解するのに必要な基礎・応用の知識を学習する。無論、一般編入試の「経営学」や「小論文」に有用である。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 編入学試験に合格し、編入後の学習環境に適応できるレベルの経営学の基礎・応用知識を習得すること。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:5  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:2 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 唯一価値 【復習】講義で提示されたケーススタディについて、唯一価値とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 2 週 不撓不屈 【予習】不撓不屈から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、不撓不屈とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 3 週 地域文化 【予習】地域文化から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、地域文化とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 4 週 門外不出 【予習】門外不出から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、門外不出とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 5 週 多角経営 【予習】多角経営から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、多角経営とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 6 週 事業承継 【予習】事業承継から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、事業承継とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 7 週 核心技術 【予習】核心技術から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、核心技術とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 8 週 伝統重視 【予習】伝統重視から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、伝統重視とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 9 週 顧客価値 【予習】顧客価値から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、顧客価値とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 10 週 海外展開 【予習】海外展開から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、海外展開とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 11 週 発想転換 【予習】発想転換から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、発想転換とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 12 週 需要開拓 【予習】需要開拓から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、需要開拓とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 13 週 質実剛健 【予習】質実剛健から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、質実剛健とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 14 週 オープン経営 【予習】オープン経営から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】講義で提示されたケーススタディについて、オープン経営とは何かレポートにまとめる。 180 分
第 15 週 200年企業 【予習】200年企業から想起される経営のキーワードを抽出する。【復習】200年企業とは何かレポートにまとめる。 180 分

◇評価方法

受講態度(60%)レポート課題(40%)

◇課題等へのフィードバック

講義内容の質問に関しては、講義前、講義中、講義後問わず、適宜対応する。

◇特記事項

講義内容は経営学の理解、国語力向上を視野に入れたレベルに設定しており、常に問題意識を持って自分なりに解釈・理解する意欲・姿勢が求められる。