シラバス一覧

科目名(担当教員) 日本経済論 ()
専門教育科目 2年生配当 前期 2単位 選択 要卒
テーマ 現代日本経済の現状と政策
履修条件(旧科目名) なし。
テキスト・参考文献 なし。

◇講義概要

現代日本経済の現状と政策について学びます。特にグローバル経済の中で、経済の仕組みがどのように動いているか、経済の現状と企業の経営環境との関係をわかりやすく解説します。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

新聞、雑誌、インターネット記事の経済・時事問題に関する内容を理解し、自分の意見を発信できるようになる。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:5  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:2 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 日本経済の一般性と特殊性 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 2 週 江戸時代の経済体制 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 3 週 開国と明治維新 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 4 週 対外戦争の時代 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 5 週 植民地経営 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 6 週 戦後インフレとマーシャルプラン 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 7 週 高度経済成長 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 8 週 金ドル交換停止後の日本経済 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 9 週 プラザ合意とバブル経済 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 10 週 停滞の20年 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 11 週 外国為替相場と経済成長 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 12 週 公害・環境問題 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 13 週 戦後日本の対外経済関係 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 14 週 まとめ 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分
第 15 週 共通講義 参考文献のうち、当該週の講義内容に該当する箇所を熟読し、板書を写し取ったノートを読み返すこと。また、次週の内容に該当する箇所をあらかじめ読んでおくこと。 180 分

◇評価方法

毎講義で出されるミニレポート(40%)+期末試験(60%)

◇課題等へのフィードバック

ミニレポートは講義中に返却します。期末試験は希望者に返却します。

◇特記事項

なし。