シラバス一覧

科目名(担当教員) 流通論 (東 正志)
専門教育科目 2年生配当 後期 2単位 選択 要卒
テーマ 流通論の基礎と最先端トピック
履修条件(旧科目名) なし
テキスト・参考文献 指定テキストはなく、独自の資料を用います。参考文献は 小川進(2007)『イノベーションの発生論理』千倉書房、崔容熏・原頼利・東伸一(2014)『はじめての流通』有斐閣。

◇講義概要

流通は私達の生活を支える隠れた重要なトピックの一つです。本講義では、現実にどのような流通企業があるのかを確認したうえで、現代の流通の特徴とその学問的基礎を学習します。本講義は、アクティブ・ラーニング型の講義であり、グループ討論や口頭報告が求められます。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

流通論の基礎を理解することによって、流通の意義とその重要性を理解できること

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:5  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:4 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 オリエンテーション: 流通論を学ぶ意義 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 2 週 流通の役割:モノは自分では動けない 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 3 週 流通における継続的取引関係: 伝統的な姿とその変化 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 4 週 流通企業のイノベーション: ヤマト運輸の戦略転換 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 5 週 企業の垂直統合戦略: 企業のいち部門としての流通 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 6 週 流通業務と見えざる資産: 物だけではなく、情報も運ぶ 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 7 週 売り逃さない仕組み: 生産と販売と流通と 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 8 週 プライベート・ブランドの展開: あれ?流通業が生産をしている? 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 9 週 商店街とショッピングセンター 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 10 週 流通企業によるイノベーション: セブンイレブンはなぜ強いのか? 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 11 週 ITが流通企業を活用する: Amazonの取り組み 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 12 週 イノベーション・マーケット: 技術や情報それ自体も流通する 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 13 週 流通企業のマネジメント: 総合スーパーの興亡 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 14 週 総括: 加熱する流通競争を考える 予習、復習。詳しい内容は講義内でお伝えします。 180 分
第 15 週 共通講義 略。 180 分

◇評価方法

平常点(70%)、中間テスト(10%)、期末レポート(20%)

◇課題等へのフィードバック

講義内で行う。

◇特記事項

出席それ自体は平常点に含まれない。積極的に参加することによって平常点を獲得することができる。