シラバス一覧

科目名(担当教員) 財務分析論 (伊藤 正隆)
専門教育科目 2年生配当 前期 2単位 選択 要卒
テーマ 財務諸表から企業を分析し、会計的な視点から企業を理解する。
履修条件(旧科目名) 「初級簿記Ⅰ」および「会計学入門」を履修済みであることが望ましい。
テキスト・参考文献 毎回レジュメを配布します。
(参考文献)森田松太郎『経営分析入門[第4版]』(日本経済新聞出版社、2009年)

◇講義概要

 企業の財務諸表からは企業の現在の状況についての情報のみならず、将来を予測するための情報についても得ることができる。これらの情報は株主や債権者といった利害関係者にとって重要な情報である。こうした情報を入手するために財務分析が行われる。
本講義では、実際の企業の財務諸表などを用いて財務分析について学修します。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 企業の財務諸表から企業分析を行い、その企業の収益性や安全性等について理解できるようになる。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:5  (3)社会性:3  (4)社会における実践力:5 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 イントロダクション(講義の進め方など) 180 分
第 2 週 財務分析とは 予習:「初級簿記Ⅰ」および「会計学入門」の内容を復習しておくこと。
復習:講義レジュメを熟読し、講義内で配布する宿題プリントを解いておくこと。
180 分
第 3 週 貸借対照表の読み方 同上 180 分
第 4 週 損益計算書の読み方 同上 180 分
第 5 週 キャッシュフロー計算書の読み方 予習:事前に配布するレジュメを熟読しておくこと。
復習:講義レジュメを熟読し、講義内で配布する宿題プリントを解いておくこと。
180 分
第 6 週 収益性分析(1):資本利益率 同上 180 分
第 7 週 収益性分析(2):売上高利益率 同上 180 分
第 8 週 収益性分析(3):資本回転率 同上 180 分
第 9 週 安全性分析(1):流動比率など 同上 180 分
第 10 週 安全性分析(2):自己資本比率など 同上 180 分
第 11 週 成長性分析および総合的分析 同上 180 分
第 12 週 ケース分析(1) 予習:これまでの講義内容について振り返りを行うこと。
復習: 講義内のケースとは異なる企業について分析しておくこと。
180 分
第 13 週 ケース分析(2) 同上 180 分
第 14 週 ケース分析(3) 同上 180 分
第 15 週 まとめ 予習:これまで学修した範囲について復習しておくこと。
復習:講義全体のまとめを行い、振り返りを行うこと。
180 分

◇評価方法

 平常点(小テスト・課題等)30%、定期試験70%

◇課題等へのフィードバック

小テスト・課題を実施した場合は、講義中に解答・解説などを配布し、必要に応じて口頭で説明します。

◇特記事項

1 授業の進捗状況に応じて、授業計画や授業内容を変更する場合があります。
2 電卓(携帯は不可)が必要です。必ず購入して講義には持参してください。
3 復習が重要です。