シラバス一覧

科目名(担当教員) 中級簿記Ⅰ (伏見 康子)
専門教育科目 1年生配当 後期 2単位 選択 要卒
テーマ 株式会社を前提とした中級商業簿記の基本的取引と財務諸表の作成
履修条件(旧科目名) 「簿記特講Ⅱ」を履修または、日商簿記3級レベルの知識をもっていること。
「会計学」を同時履修することが望ましい。
テキスト・参考文献 参考文献 渡部裕亘・片山覚・北村敬子『検定簿記講義 2級商業簿記』中央経済社
     同上『検定簿記ワークブック 2級商業簿記』中央経済社

◇講義概要

  本講義では,日商簿記検定試験2級(商業簿記)論点のうち,主要なテーマをとりあげて学習します。複雑な事業活動を行う株式会社を前提とした,純資産にかかわる取引や制度,決算手続や財務諸表の作成,連結会計について学習します。簿記は全体のシステムを理解する必要があります。講義では,毎回配布するプリントで事業活動のどの個所を学習するのかを説明し,問題練習もしっかり行います。
 基本的に、2回目以降の講義において、前回の範囲のミニテストを行います。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 本講義では、日商簿記検定2級(商業簿記)における株式会社会計および連結会計を中心とした内容を学習・理解することを目的とします。
 本科目に加えて「会計学」「原価計算論」「中級簿記Ⅱ」を履修することによって、日商簿記検定2級の全体を学習することができます。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:4  (2)専門性:5  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:5 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 3級の復習 復習としてテキストおよびワークブックの練習問題に取り組むこと。 180 分
第 2 週 決算(1):財務諸表の作成 同 上 180 分
第 3 週 決算(2):帳簿決算手続き 同 上 180 分
第 4 週 決算(3):財務諸表の作成(報告式) 同 上 180 分
第 5 週 株式会社の純資産(1):株式会社の設立と開業、増資 同 上 180 分
第 6 週 株式会社の純資産(2):剰余金の配当と処分 同 上 180 分
第 7 週 株式会社の純資産(3):合併 同 上 180 分
第 8 週 株式会社の純資産(4):株主資本等変動計算書 同 上 180 分
第 9 週 中間テスト
連結会計(0):連結会計の意義
同 上 180 分
第 10 週 連結会計(1):資本連結①  同 上 180 分
第 11 週 連結会計(2):資本連結② 同 上 180 分
第 12 週 連結会計(3):成果連結① 同 上 180 分
第 13 週 連結会計(4):成果連結② 同 上 180 分
第 14 週 連結会計(5):成果連結③アップ・ストリーム 同 上 180 分
第 15 週 連結会計総合問題 同 上 180 分

◇評価方法

平常点(受講態度、毎回のミニテスト)および定期試験によって総合的に評価します。

◇課題等へのフィードバック

ミニテストは授業中に解答・解説を行うか、採点し後日返却します。

◇特記事項

1 復習(練習問題への取組)を必ずすること。
2 受講生の学習状況に応じて、授業計画、授業内容を変更する場合があります。
3 「中級簿記Ⅰ」および「会計学」「中級簿記Ⅱ」を履修することにより、日商2級レベルの商業簿記全体を学習することになります。