シラバス一覧

科目名(担当教員) 経営管理論 (佐藤 健司)
専門教育科目 1・2年生配当 後期 2単位 選択 要卒
テーマ 企業の経営管理のしくみと経営管理における諸問題を経営学の視点から考える
履修条件(旧科目名) 経営管理論の修得に意欲と情熱をもって取り組める人
テキスト・参考文献 特定のテキストは使用しない。毎回講義でプリントを配布する。

◇講義概要

 経営管理論は、企業の経営資源や経営活動をどのように管理するかを問題としてとりあげている。本講義では、企業の経営活動を経営学の考え方と関連させながら考えていく。また、現代企業が直面している経営管理の諸問題についての解説を通じて、受講生が経営管理論を立体的に理解し、それらの知識を実践できるようにする。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 受講生が本講義を通じて企業の経営管理のしくみと経営管理論の面白さを発見し、それらを実践できるようにする。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:4  (2)専門性:5  (3)社会性:5  (4)社会における実践力:5 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 経営管理を学ぶにあたって 復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。 180 分
第 2 週 経営管理の領域 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 3 週 企業の競争力と経営管理(1) 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 4 週 企業の競争力と経営管理(2) 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 5 週 企業の競争力と経営管理(2) 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 6 週 ケース・スタディ 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 7 週 経営管理の階層 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 8 週 経営管理の過程(1)計画 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 9 週 経営管理の過程(2)統制 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 10 週 組織と管理(1) 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 11 週 組織と管理(2) 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 12 週 経営管理の動向(1)M&A 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 13 週 経営管理の動向(2)グローバリゼーションとメガ・コンピティティション 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 14 週 経営管理の動向(3)コーポレート・ガバナンスと企業の社会的責任 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分
第 15 週 経営管理の動向(4)その他 予習:配布プリントのテーマについて調べる。関連文献・資料について読んでおく。
復習:配布プリントの復習と講義で指示する項目について調べる。
180 分

◇評価方法

・平常点(レポート、発言など)および定期試験に基づいた総合的な評価を行う。

◇課題等へのフィードバック

・学生が講義テーマに沿って調べた内容や学生から発信された意見や質問に対する解説を講義中に行う。

◇特記事項

・私語は厳禁とします。
・常に前後の週の講義と関連させながら講義を行うので、継続的に出席してください。
・わからないことがあれば遠慮なく質問してください。
・本講義では、常にこちらから皆さんに質問を投げかけますので、その都度一生懸命考えて下さい。