シラバス一覧

科目名(担当教員) 情報セキュリティ (小路 真木子)
専門教育科目 2年生配当 前期 2単位 選択 要卒
テーマ 情報社会において、「情報を守る」ために必要な知識と技術を学ぶ。
履修条件(旧科目名) なし。経営系の学生にも推奨。
テキスト・参考文献 『最新 わかりすぎる情報セキュリティの教科書』(SCC)

◇講義概要

 情報社会において、セキュリティ対策は超重要課題である。誰もがコンピュータやネットワークを日常的に利用する現在、業務を続けていくため、自分の身を守るため、専門家ではない普通の利用者にもセキュリティの基礎知識は必須となっている。ITパスポート試験でもセキュリティ関連の出題が2014年秋から倍増され、さらに2016年春には上位資格として「情報セキュリティマネジメント試験」が新設された。
 何が、なぜ、どのように危険なのか。どういう対策技術があるのか、どういう対策をすべきなのか。技術から法律やマネジメントまで、基本的な知識に、現場の経験や最新情報を交えて解説する。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

・セキュリティとは何かが説明できる。
・どこに危険があるかを見抜くことができる。
・予防や発見に必要な対策をとることができる。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:5  (3)社会性:5  (4)社会における実践力:4 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 不正侵入が引き起こすWebサイトの改ざん 予習:テキストを読む
復習:CEASの用語クイズ
180 分
第 2 週 急増するサイバー犯罪と法律 同上 180 分
第 3 週 個人情報流出事件と個人情報保護
いよいよ始まったマイナンバー制度
同上 180 分
第 4 週 ウイルス対策 同上 180 分
第 5 週 情報資産とリスク評価 同上 180 分
第 6 週 セキュリティポリシー 同上 180 分
第 7 週 不正アクセスの動機と主体 同上 180 分
第 8 週 ソーシャルエンジニアリング、プライバシーポリシー 同上 180 分
第 9 週 危ないWebサイトとTCP/IPの仕組み 同上 180 分
第 10 週 DoS攻撃と防御 同上 180 分
第 11 週 アクセス主体を見つけるネットワーク構成 同上 180 分
第 12 週 有線/無線LANとインターネットの盗聴対策 同上 180 分
第 13 週 公開鍵暗号方式とPKI 同上 180 分
第 14 週 スマホやタブレットに潜む罠 同上 180 分
第 15 週 その他の最新動向 180 分

◇評価方法

定期試験70%、平常点30%(確認テスト15%、用語クイズ15%)

◇課題等へのフィードバック

毎回の確認テストは、添削して次回に返却。問題の解説及び質問への回答は、次回の講義の冒頭でおこなう。

◇特記事項

最新の動向を多く取り上げるため、教科書を見ればわかる程度の基礎知識は予習済みとして進めます。必ず予習をしておくこと。