シラバス一覧

科目名(担当教員) 初級簿記 (埴岡 忠清)
基礎教育科目 1年生配当 前期 4単位 選択必修 要卒
テーマ 複式簿記の基本原理
履修条件(旧科目名) 旧科目名:「初級簿記Ⅰ」
テキスト・参考文献 渡部裕亘・片山覚・北村敬子『検定簿記講義 3級商業簿記』中央経済社
同上『検定簿記ワークブック 3級商業簿記』中央経済社

◇講義概要

 簿記とは、企業の様々な経済活動を貨幣金額で測定し、これを一定のルールに従って、帳簿に記録・計算・集計するための技術です。簿記の知識をしっかり身につけると、他の経営・経済関連科目をより深く実践的に理解することができます。本講義では、簿記の知識を十分に理解・習得することを目標として、練習問題に取り組みながら進めていく予定です。
 初級簿記は簿記・会計分野の専門科目の基礎となる重要な科目です。簿記・会計科目の履修を予定している人は、必ず初級簿記を履修して下さい。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

①簿記の役割を理解し興味をもつこと。
②複式簿記の特徴である「貸借平均の原理」に基づいて、さまざまな取引の仕訳と転記のしかたを習得すること。
③簿記の手続きを体系的に理解すること。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:4  (3)社会性:3  (4)社会における実践力:3 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 回 講義ガイダンス、簿記とは(目的と役割) 予習:テキストの第1章を読むこと 180 分
第 2 回 簿記の基礎、貸借対照表と損益計算書 復習:ワークブックおよびテキスト等の練習問題(第1章) 180 分
第 3 回 取引と勘定記入 同上(第2章) 180 分
第 4 回 取引と勘定記入 同上(第2章) 180 分
第 5 回 仕訳と転記① 同上(第2章) 180 分
第 6 回 仕訳と転記② 同上(第2章) 180 分
第 7 回 仕訳帳と総勘定元帳 同上(第3章) 180 分
第 8 回 試算表の作成 同上(第4章) 180 分
第 9 回 現金預金① 同上(第5章) 180 分
第 10 回 現金預金② 同上(第5章) 180 分
第 11 回 商品売買① 同上(第6章) 180 分
第 12 回 商品売買② 同上(第6章) 180 分
第 13 回 売掛金と買掛金 同上(第7章) 180 分
第 14 回 手形 同上(第9章) 180 分
第 15 回 その他の債権と債務① 同上(第8章) 180 分
第 16 回 その他の債権と債務② 同上(第8章) 180 分
第 17 回 有価証券 同上(第10章) 180 分
第 18 回 固定資産 同上(第11章) 180 分
第 19 回 貸倒損失と貸倒引当金 同上(第12章) 180 分
第 20 回 資本金と引出金、税金 同上(第13章) 180 分
第 21 回 収益と費用① 同上(第14章) 180 分
第 22 回 収益と費用② 同上(第14章) 180 分
第 23 回 決算と財務諸表① 同上(第16章) 180 分
第 24 回 決算と財務諸表② 同上(第16章) 180 分
第 25 回 決算と財務諸表③ 同上(第16章) 180 分
第 26 回 伝票① 同上(第15章) 180 分
第 27 回 伝票② 同上(第15章) 180 分
第 28 回 総合問題演習① 同上(過去問題等) 180 分
第 29 回 総合問題演習② 同上(過去問題等) 180 分
第 30 回 総復習 同上 180 分

◇評価方法

平常点(受講態度、小テストなど)および定期試験によって総合的に評価します。
詳細は各クラスにて確認してください。

◇課題等へのフィードバック

課題や小テストは授業中に解答・解説を行うか、採点をして後日返却します。

◇特記事項

① 他の会計科目の履修を考えている人は、必ずこの科目を履修してください。
② 毎回の復習(テキストやワークブックの練習練習)を求めます。
 *簿記の習得のためには、自分で問題を解き、考え、反復練習することが重要です。ワークブックを活用して、しっかり復習しましょう。
③ 学習状況に応じて、授業計画・授業内容を変更する場合があります。

50