シラバス一覧

科目名(担当教員) 会計学 (伏見 康子)
専門教育科目 1年生配当 後期 2単位 選択 要卒
テーマ 会計学(アカウンティング)の基礎知識の習得
履修条件(旧科目名) 旧科目名:「会計学Ⅰ」
「簿記特講Ⅱ」を同時履修または日商簿記3級を取得していること。「中級簿記Ⅰ」を履修予定している者。
テキスト・参考文献 テキスト:桜井久勝・須田一幸『財務会計・入門』有斐閣アルマ

◇講義概要

 本講義は、簿記3級程度の知識があることを前提に、会計学の基礎知識を説明していきます。簿記で行う仕訳処理について、なぜこのようにするのかという仕訳の背後にある考え方について学びます。会計は、日常生活や企業活動の中で行われている経済活動を、一定のルールに従って記録・集計し報告しようとするものです。「ビジネスの共通言語」と言われる会計の理論について理解し、財務諸表の内容とその役割を学ぶことを目的としています。
 また、日商簿記3級・2級レベルの仕訳や計算問題も取り入れ、簿記と関連付けながら学んでいきます。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

① 会計学の役割を経済や経営と関連付けて理解すること。
② 会計の実務を企業活動のあり方と関連づけて理解すること。
③ 簿記との関連で会計の理論(考え方)を理解し、会計学に興味を持つこと。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:4  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:4 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 会計学の全体像
管理会計と財務会計
予習:テキストの事前通読
復習:章末のキーワード説明と演習問題
180 分
第 2 週 財務会計の役割と法規制(第1章) 同上 180 分
第 3 週 財務会計のシステムと基本原則①(第2章) 同上,売上原価対立法 180 分
第 4 週 財務会計のシステムと基本原則② 同上 180 分
第 5 週 仕入・生産活動の会計処理①(第4章) 同上,割戻しと割引き 180 分
第 6 週 仕入・生産活動の会計処理② 同上,人件費に関する引当金 180 分
第 7 週 販売活動の会計処理①(第5章) 同上,実現基準 180 分
第 8 週 販売活動の会計処理② 同上,棚卸商品の期末評価 180 分
第 9 週 販売活動の会計処理③ 同上,売上債権,貸倒引当金 180 分
第 10 週 企業の設立と資金調達①(第3章) 同上 180 分
第 11 週 企業の設立と資金調達② 同上 180 分
第 12 週 設備投資の会計処理①(第6章) 同上,圧縮記帳 180 分
第 13 週 設備投資の会計処理② 同上,減価償却 180 分
第 14 週 設備投資の会計処理③ 同上,研究開発費 180 分
第 15 週 まとめ(会計の役割を考える) 総復習(第1章~6章 180 分

◇評価方法

受講態度、レポートおよび定期試験により総合的に評価します。

◇課題等へのフィードバック

課題等へのフィードバックは、授業中に解説を行うか、採点のうえ返却します。

◇特記事項

① 予習(テキストの事前通読)および復習を求めます。
② 授業はテキストを中心に進めていきます。テキストを必ず持参してください。
③ 学習状況に応じて、授業計画・授業内容を変更する場合があります。