シラバス一覧

科目名(担当教員) 基礎中国語Ⅰ (浦部 依子)
語学科目 1年生配当 前期 1単位 選択 要卒
テーマ  文化に親しむ基礎中国語     
履修条件(旧科目名)  なし
テキスト・参考文献 荒川清秀ほか著『新訂・シンプルに中国語 文法編』(2016 東京:同学社)  *テキストのほか、必要に応じてハンドアウトを配布する

◇講義概要

 ひとつの言語は固有の社会文化の中で醸成されるものであるため、「言語」の有効理解にはその「文化」を共に学ぶことが大切です。本講義は、現代に息吹く中国伝統歳時や時事、精神文化を領略しながら、中国語の「読む・書く・聞く・話す」の基礎を学びます。また、C-ポップや動画、ピンインによる中国語入力などを通して、現代中国語普通語初級の言語と文化への理解と親しみを、愉しみながら拡げてゆきます。 

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 前期:発音編 発音1,発音2 文法編 第1課~第6課
 後期:文法編 前期の復習、    第7課~第12課
   ①「書く」面では、手書きやピンイン入力ができる。②「読む」面では、簡単な中国文が読め理解できる。
   ③「聴く」・「話す」面では例えば、自己紹介や本学中国人留学生との簡単な日常会話ができる。④中国文化理解

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:4  (3)社会性:5  (4)社会における実践力:5 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 発音1 まず中国と中国語を知ろう 現代中国語の語順と日米言語比較, 発音のポイント,声調(四声),単母音,子音 日本語・英語・中国語のSVO文型や疑問詞を伴う文型比較を通して中国語を知ろう 45 分
第 2 週 発音2         複合母音,鼻母音,その他の発音のポイント 母音(日本語の発音との比較)子音(日本語にない発音とは?) 45 分
第 3 週 第1課 こんにちは!  人称代名詞、形容詞、名前の言い方、中国じゃん            けん・自分の中国語表記氏名を調べよう 自分の名前は変わるかな? 中国じゃんけん・自分の氏名の中国語表記とその発音を学ぼう 45 分
第 4 週 第1課 こんにちは!  名前のたずね方と答え方 自己紹介してみよう             簡体字と繁体字,疑問詞 什么 自己紹介してみよう 45 分
第 5 週 第2課 これは何ですか? 動詞「是」、指示代名詞、~の~、「指示代詞 + (不是) + 誰+的+名詞」自己紹介の練習 主な職業を言ってみよう 45 分
第 6 週 第2課 これは何ですか? 身の回りの物について言ってみよう (これ・あれ・これら・あれら等)は(彼・彼女・あなた・私)の~です 身の回りの物について言う・応用(これ・あれ)は私の( )です 45 分
第 7 週 第3課 どうぞお茶を   動詞の重ね型、太~了、動詞+目的語 動詞を重ねて:ちょっと~して下さい、試しに~して下さい 45 分
第 8 週 第3課 どうぞお茶を  動詞+目的語  テレビを見る、音楽を聴く、などいってみよう。 45 分
第 9 週 第4課 十五元です 数、お金の言い方、数詞/指示代名詞+量詞+              名詞、給:あげる・くれる 買い物練習してみよう 45 分
第 10 週 第4課 十五元です   形容詞+一点儿  少し~だ 値段交渉してみよう 45 分
第 11 週 第5課 明日私は授業があります 動詞「有」 S+有+(人・物)「場所 + 有 + 人・物の名詞」 月・日・曜日・年号・時間・電話番号 この辺にコンビニはありますか?「中国人の友だちがいる」を中国語で言うと?  45 分
第 12 週 第5課 明日私は授業があります
            今何時ですか? 授業のコマ数        
時間やカレンダーや電話番号の言い方 家族構成を言ってみよう 45 分
第 13 週 第6課(エッセンス授業)ここで食べよう
            S+在+場所+V、要、~还是~、V一下
レストランでの注文のしかた、取り方を練習してみよう 45 分
第 14 週 復習と練習 練習を重ねて、中国語で自己紹介や会話発表に慣れましょう。 45 分
第 15 週 講義のまとめと到達度確認テスト 到達度の確認テスト、自己紹介テスト 45 分

◇評価方法

 定期試験によらず、平常点50%(提出課題・小テスト・ミニッツペーパー・会話テスト・積極性・中国語自己紹介又はインタヴュー)と到達度の確認テスト50%(文法、文化理解)により総合的に評価する。

◇課題等へのフィードバック

・小テストは、文法確認テストとして授業内で実施する。
・テキスト清書の課題等を課すことがある。これらは、提出物として平常点に反映される。

◇特記事項

・クラス内でラングエージパートナーを設定して、簡単な会話の練習をすることがある。
・「大家沙龍(みんなのサロン)」においては、DVDやC-ポップの歌、伝統歳時、時事の紹介やネット動画などの活用を通して中国の社会文化に親しむ。

<制限人数45名>・・人数超過の場合は、履修登録後に抽選を行います。