シラバス一覧

科目名(担当教員) 学生活動単位認定制度 (小路 真木子)
総合科目 1・2年生配当 前期・後期 1単位 選択 要卒
テーマ 様々な学生生活の社会的活動を通じて、コミュニケーション能力および社会性・社会における実践力を身につけていきます。
履修条件(旧科目名) なし
テキスト・参考文献 なし

◇講義概要

 本学を卒業後、社会において活躍していくためには、『社会性-組織の一員として行動できる力-』が不可欠となります。この力は座学だけでなく、社会における様々な実践を通して涵養されるものです。本科目では短大を一つの社会として捉え、その中にある様々な組織の一員として行動する実践(組織の中での自らの立場や役割を考え、他者と適切な人間関係を構築し、自ら行動すること)を、社会性を涵養する学修として単位認定するものです。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 学生が自ら学内における様々な活動に参加し、多様な価値観を持った人々と接することによって、社会性(コミュニケーション能力や人間関係構築能力など、社会生活を営む上で必要となる能力)を獲得することを目指しています。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:1  (2)専門性:3  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:5 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 回 申請説明会
(趣旨説明、申請方法の説明)
申請希望者は必ず出席してください。 45 分
第 2 回 活動実践(実習)
活動内容は「活動記録書」に記入し、担当者の検印をもらってください。
活動時間が合計20時間になるまで継続する 45 分
第 3 回 同上 同上 45 分
第 4 回 同上 同上 45 分
第 5 回 同上 同上 45 分
第 6 回 同上 同上 45 分
第 7 回 同上 同上 45 分
第 8 回 同上 同上 45 分
第 9 回 同上 同上 45 分
第 10 回 同上 同上 45 分
第 11 回 同上 同上 45 分
第 12 回 同上 同上 45 分
第 13 回 同上 同上 45 分
第 14 回 同上 同上 45 分
第 15 回 「活動報告書」の提出 「活動報告書」の提出を以って終了 45 分

◇評価方法

 提出された「活動報告書」の内容によって評価します。「活動報告書」には「活動記録書」を添付して学生支援課まで提出してください。必要に応じて課題の提出を求めることがあります。なお、期末試験は実施しません。

◇課題等へのフィードバック

 活動における質問があれば随時対応します。高橋研究室までお越しください。

◇特記事項

 活動した場合は必ず「活動記録書」に活動内容を記録し、担当者(各教職員)の検印をもらってください。検印のない活動は活動時間として認められません。