シラバス一覧

科目名(担当教員) 経済数学入門 (鰐部 拓郎)
総合科目 1年生配当 前期 2単位 選択 要卒
テーマ 高校数学から経済学で利用する数学の基礎へ
履修条件(旧科目名) 特にありませんが,下記特記事項を参照すること。
テキスト・参考文献 <テキスト>授業にて講義プリントを配布
<参考文献>鈴木孝弘『高校数学からはじめるやさしい経済数学テキスト』オーム社 2,160円

◇講義概要

経済学の問題を考える際,多くの場面で数学の知識を利用します。しかしその問題の多数は,高等学校で履修した数学の知識とその応用によって解決することが出来ます。
本科目では,高等学校の数学の知識を利用し,経済学で利用する数学の基礎知識を習得します。同時に経済学で利用する数学の手法を解説し,基本的な経済数学の問題の解法についても説明します。今まで学習してきた数学の内容が経済学で活用できることを知り,少しでも経済数学に興味をもってほしいと思います。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

経済学で利用する初歩的な数学の知識を身につけるとともに,その知識を利用した簡単な計算を行うことが出来る。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:3  (3)社会性:3  (4)社会における実践力:4 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 講義ガイダンス,関数①(関数とは,1次関数) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 2 週 関数②(2次関数) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 3 週 関数③(指数の性質) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 4 週 関数④(対数の性質) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 5 週 関数⑤(指数関数・対数関数) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 6 週 数列①(数列の基礎知識,等差数列とその和) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 7 週 数列②(等比数列とその和) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 8 週 数列③(階差数列) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 9 週 数列④(漸化式) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 10 週 微分①(微分の基礎知識) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 11 週 微分②(微分の計算) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 12 週 微分③(関数の微分とその応用) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 13 週 積分①(不定積分) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 14 週 積分②(定積分) 授業中に適宜指示します。 180 分
第 15 週 積分③(面積の計算,まとめ) 授業中に適宜指示します。 180 分

◇評価方法

・平常点(40%):演習課題(毎回授業で配布)および小テスト(テーマごとに3~4回実施)の達成度をもとに,総合的に評価します。
・期末試験(60%):講義資料等参照不可。期末試験未受験の場合はX評価とします。

◇課題等へのフィードバック

授業で実施した演習課題や小テストについては,原則翌週の授業で返却し,同時に解説講義または解説プリントの配布を行い,フィードバックを行います。

◇特記事項

高等学校の「数学I」「数学A」の内容をある程度理解していることを前提に講義を行います。履修希望者は予め「数学I」「数学A」内容を理解した上で講義に臨むようにして下さい。