シラバス一覧

科目名(担当教員) 社会学入門 (藤田 博文)
総合科目 1年生配当 後期 2単位 選択 要卒
テーマ 社会学固有の〈ものの見方〉とは何か
履修条件(旧科目名) なし
テキスト・参考文献 テキストについては使用しない。参考文献については講義において適宜紹介する。

◇講義概要

本講義では、社会学が取り扱う様々なテーマを考察することを通じて、社会学固有の〈ものの見方〉とはいかなるものかについて理解を深めていく。さらに、「社会」を担う「人間主体」が、社会学的な思考において、どのように捉えられているのかについても考えていく。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

1)「社会秩序はいかにして可能か」という社会学の中心的課題を理解すること。
2)社会現象を認識する力を身につけること。
3)社会学が「人間主体」をどのように掴もうとしているのかについて理解すること。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:4  (3)社会性:5  (4)社会における実践力:5 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 オリエンテーション――授業の目的と進め方/社会学の紹介 諸科学における社会学の位置づけと、社会学内における専門分野について理解する 180 分
第 2 週 社会学の中心的主題 社会学の中心的主題を理解する 180 分
第 3 週 社会学の諸概念 社会学における重要な諸概念を理解する 180 分
第 4 週 「社会」と「世間」――「個人」のあり方(1) 「社会」という語に含まれている思想を理解する 180 分
第 5 週 「社会」と「世間」――「個人」のあり方(2) 同上    180 分
第 6 週 18-19世紀ヨーロッパ社会と社会学の誕生(1) いかなる時代的な要請のなかで、社会学が誕生したのかについて理解する  180 分
第 7 週 18-19世紀ヨーロッパ社会と社会学の誕生(2) 同上 180 分
第 8 週 ジェンダー(1)性の多様性 社会学の考え方を中心に据えて、各論や諸概念を自分なりに整理する 180 分
第 9 週 ジェンダー(2)性の管理(統制) 同上 180 分
第 10 週 ジェンダー(3)フェミニズムの歴史と性別役割分業 同上 180 分
第 11 週 アイデンティティ(1)「社会的自己」の形成 同上 180 分
第 12 週 アイデンティティ(2)「コンフリクト」 同上 180 分
第 13 週 情報社会(1)記号とコミュニケーション 同上 180 分
第 14 週 情報社会(2)監視社会 同上 180 分
第 15 週 まとめ――社会学が発するメッセージ 社会学的な考え方の基礎を理解する 180 分

◇評価方法

平常点(毎回行う授業内レポートの提出)と定期試験により総合的に評価する。なお、レポートを課す場合もあるため、その際にはレポートの評価を考慮する。

◇課題等へのフィードバック

毎回提出する授業内レポートにおいて、授業にとって生産的な内容(授業内容の理解、疑問・質問など)に対して、次回以降の授業でフィードバックする。

◇特記事項

・授業内容ごとにレジュメと資料を配布する。
・授業の状況を考慮して、授業計画における各週の内容を変更する場合がある。