シラバス一覧

科目名(担当教員) ホテル・ブライダル業界対策Ⅱ (藤島 久美子・森本 由起子・吉田 美樹・中 可子)
総合科目 1年生配当 春期集中期間 1単位 選択 非要卒
テーマ ホスピタリティ業界の種類や業務内容をより実践的に知ることにより、ホスピタリティ産業を志望する者の就職活動、キャリア形成に役立てる
履修条件(旧科目名) 旧科目名:「ホスピタリティ業界対策Ⅱ」
2016年度以降、本科目は要卒単位に含みません
テキスト・参考文献 なし

◇講義概要

ホテル・ブライダル・その他の接客業において必要とされる「ホスピタリティマインドを磨いていく。具体的には、身だしなみ、言葉遣いのレベルを上げ立ち居振る舞いについてはVIDEO撮影を実施する。1日は外資系ホテル見学を実施予定であるので、ホテル体験から仕事場の実際を深く学んでほしい。各業界研究の仕上げとして実際の就職試験演習、業界に合わせた模擬面接を実施する。(ホテル見学の日程は前後変更する可能性もある。)

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

1.ホスピタリティマインドの習得             
2.ホテル見学において仕事の実際を学ぶ              
3.ホテル・ブライダル業界の業務内容を深く知り他業種との違いを明確に説明できる    
4.各業界別模擬面接のスキルを習得

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:3  (2)専門性:2  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:4 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 ホテル・ブライダル業界 共通マナー
 ・業界人に求められるホスピタリティマインド
 ・ホスピタリティマインドを「立ち居振る舞い」で表現でき
  るよう、ホテル・ブライダルスタッフとしての接客・案内
  動作を学ぶ 
〈担当講師:藤島〉  
 ・外資系ホテルについて調べてお
  く
 
45 分
第 2 週 ホテル見学準備①
 ・「ホテル見学準備シート」を使い事前準備を行う
 ・京都のホテル・外資系ホテルチェーンについて学ぶ
45 分
第 3 週 ホテル見学準備②
 ・「ホテル見学準備シート」を使い事前準備を行う
 ・ホテルの方への質問事項を準備する 
 ・当日の集合・持参物などの確認
「ホテル見学準備シート」を使い事前準備を行う・当日集合の確認  45 分
第 4 週 ホテル見学(現地集合) 〈担当講師:藤島〉   45 分
第 5 週 ホテル見学 45 分
第 6 週 ホテル見学(現地解散) 振り返りレポートの作成の準備
見学の感想をまとめておく
45 分
第 7 週 ホテル見学を終えて①
・振り返りレポートの作成
〈担当講師:中〉   45 分
第 8 週 ホテル見学を終えて②
・振り返りディスカッション
・グループディスカッションを深く学び、就職試験に備える

ワーク〈1〉
45 分
第 9 週 ホテル見学を終えて③
・グループディスカッションワーク〈事例1、事例2〉
・今後に向けての課題と準備
45 分
第 10 週 旅館業界について
・旅館業界とホテル業界の違い
・有名旅館と立地・サービスの特徴
〈担当講師:森本〉 
興味のある旅館を調べる 
45 分
第 11 週 旅館和のおもてなし
・「おもてなし」の表現:お出迎えからお見送りまで。
・部屋のしつらえ・季節感と料理の提供
45 分
第 12 週 旅館で働きたい人のために
・旅館業界の特徴をまとまる・個々の旅館の理念を理解する
・自己PRを述べる
45 分
第 13 週 ホテル・旅館業界就職試験実践 筆記試験対策 〈担当講師:吉田〉  45 分
第 14 週 ホテル旅館業界就職試験実践 面接試験対策・模擬面接 45 分
第 15 週 ホテル・ブライダル業界 総括
 
45 分

◇評価方法

・ホテル見学振り返りレポート・・・50%
・模擬面接試験・・・50%

◇課題等へのフィードバック

「ホテル見学振り返りレポート」は最終授業時に個人フィードバックを行う。

◇特記事項

授業はリレー方式で実施。講師は各業界の出身で専門性が高い。積極的に質問をし就職活動の準備につなげてほしい。
2日目にホテル見学を実施予定(ホテルのご都合により日程変更の可能性あり)。事前学習に努め、当日は「働く意識」を明確にし目的をもってホテル見学を行うこと。
事後は、見学体験を今後の就職活動に結びつけられるようにしたい。

〈制限人数20名〉