シラバス一覧

科目名(担当教員) 秘書学実務演習Ⅰ (野山 知子)
総合科目 1年生配当 後期 1単位 選択 要卒
テーマ 秘書検定試験対策をする事により、ビジネス社会のルールを身に付ける。
履修条件(旧科目名) なし
テキスト・参考文献 『秘書検定 クイックマスター 3級』(実務技能検定協会)
『秘書検定 実問題集 3級』(実務技能検定協会)

◇講義概要

 社会人として必要となる、基本的な実務知識や社会常識を、初歩的な秘書の実務(資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇、技能)を通して学ぶ。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 秘書検定3級を合格できるレベルに達することを目標とする。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:1  (2)専門性:5  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:4 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 オリエンテーション、資質(秘書の心構え) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 2 週 資質(秘書に必要な条件) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 3 週 職務知識(秘書の役割と機能、秘書の職務) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 4 週 一般知識(企業の基礎知識、企業の組織と活動) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 5 週 一般知識(社会常識) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 6 週 マナー・接遇
(人間関係と話し方、話し方・聞き方の応用)
復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 7 週 マナー・接遇(電話の応対) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 8 週 マナー・接遇(接遇、交際) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 9 週 技能(会議と秘書、ビジネス文書と秘書) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 10 週 技能(文書管理、資料管理) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 11 週 技能(日程管理・オフィス管理) 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 12 週 秘書検定試験の流れ・概要・考え方、模擬問題 復習:テキストを読む、問題を解く 45 分
第 13 週 模擬テスト 45 分
第 14 週 模擬テスト解答解説 45 分
第 15 週 共通講義 45 分

◇評価方法

平常点(受講態度、ミニッツペーパーの提出)および期末試験により総合的に評価
※ 但し、出席率65%未満の場合は成績評価を行いません。

◇課題等へのフィードバック

章ごとに実施するミニッツペーパーの質問に対して、次回授業の冒頭で解説を行う。

◇特記事項

特になし。