シラバス一覧

科目名(担当教員) 大学総合学習Ⅱ ()
総合科目 2年生配当 春期集中期間 2単位 選択 要卒
テーマ 日本語表現能力のさらなるスキルアップ
履修条件(旧科目名) 旧科目名:「大学基礎学習Ⅱ」
テキスト・参考文献 『大学生のための日本語表現トレーニング 実践編 』三省堂

◇講義概要

 本授業は、必要最低限の学力や学習スキルを培い、大学生活に必要な日本語表現をまなび、社会人になるために、社会で通用する日本語表現能力の養成を目指す。身近な諸課題を、トレーニングシートを利用しながら、楽しく、より実践的に学ぶ。

◇到達目標(授業修了時に求める学生の理解・達成度)

 大学生が社会人になることを意識し、就職活動の準備のために、下記の各週のテーマに沿って、人を紹介する方法から、企画書作成に至るまで、幅広い日本語能力を身につけることを、この授業の目標とする。

◇卒業認定・学位授与の方針との関連性(関連性 [強]5---1[弱])

(1)基礎的学力:5  (2)専門性:3  (3)社会性:4  (4)社会における実践力:4 

◇授業計画

授業内容 準備学習(予習・復習)、課題等 準備学習時間
第 1 週 共通講義 180 分
第 2 週 人を紹介する 課題提出 180 分
第 3 週 適切な説明をする 課題提出 180 分
第 4 週 議事録をとる 課題提出 180 分
第 5 週 手帳でスケジュール管理を行う 課題提出 180 分
第 6 週 上手な意見交換の方法を学ぶ 課題提出 180 分
第 7 週 文書を読解する 課題提出 180 分
第 8 週 文章を要約する 課題提出 180 分
第 9 週 データを集めて解釈する 課題提出 180 分
第 10 週 インターネットを用いて調査する 課題提出 180 分
第 11 週 図書館を利用する 課題提出 180 分
第 12 週 堅実なレポートの書き方を学ぶ1 課題提出 180 分
第 13 週 堅実なレポートの書き方を学ぶ2 課題提出 180 分
第 14 週 プレゼンテーションを行う 課題提出 180 分
第 15 週 視覚資料を作成する 課題提出 180 分

◇評価方法

 授業時数の3分の2以上の出席を前提とし、授業中の発言・発表等40%、提出されたトレーニングシート60%で評価する。なお、トレーニングシートの評価は、「きちんと書きこんでいるか」を重要視し、その完成度(内容及び書く量)で評価するので、積極的に取り組むこと。

◇課題等へのフィードバック

毎時間課題プリントを配布し、各自で完成して提出を求める。次の授業で添削・講評を加えて返却し、説明をする。

◇特記事項

特になし。