新クラスを開設しました

平成28年4月、メディカルスポーツクラス(普通科・男女共学)を開設

「スポーツ医学を学びながら、大学進学をめざす」

 

  スポーツを科学してみる

   スポーツを医学してみる

    アスリートとして自分を科学する

 

●競技スポーツ選手の身体の構造、身体能力の強化方法、好成績を出すための身体の使い方、故障の予防、患部の保護法などを学ぶ。

●身体以外にも、メンタル的な理論など、スポーツ選手として必要な理論を学ぶ。

●スポーツ、またはスポーツを取り巻く環境を社会科学的な側面から学び、スポーツ選手として必要な教養を身につける。

カリキュラム・教育内容の特徴

(1)本クラスで学ぶスポーツ医学などの知識は、自らの競技力の向上やアスリートとしての教養を身につけ、より健康で優れた競技選手になるために学ぶものです。

 

(2)本クラスは普通科であり、大学受験に対応したカリキュラムとなっていますので、専門科目(スポーツ医学など)はあくまで普通科の範囲内で学びます。

 

(3)専門科目以外は、私立大学をめざした受験科目に対応したカリキュラムとなっています。

 

(4)したがって、体育系に限らず、文系にも理系にも進学できるものとなっています。

メディカルスポーツクラスで学ぶ専門科目

 

メディカルスポーツ1A

(1年生)  

 

 競技力向上をめざしたトレーニング法を、基礎医学の観点から学ぶ。

●運動生理学

●トレーニング科学

●スポーツコンディショニング

メディカルスポーツ1B

(1年生) 

 アスリートとしての健康管理、健康維持のために必要な栄養学や衛生学、さらにはスポーツによる故障の予防法を学ぶ。

●スポーツ栄養学

●保健衛生学

●スポーツ障害予防

メディカルスポーツ2

(2年生)

 基礎的な解剖学を学び、その観点からスポーツにおける怪我の予防、対処法、または競技中において患部をケアする方法などを学ぶ。

●解剖生理学

●マッサージ・テーピング

●救急・処置

メディカルスポーツ3

(3年生)

精神医学の観点からスポーツ選手のメンタルトレーニング法やカウンセリング法を学ぶ。

●スポーツ心理学

●スポーツカウンセリング

●スポーツヘルスプロモーション 

総合スポーツ論

(2年生)

スポーツ選手のパフォーマンスやデータを統計学的に分析する方法や戦術やチーム作りを理論的に学ぶ。

●スポーツ戦術実践論

●スポーツ統計学

●スポーツチームデザイン論 

スポーツ教育

コーチング

(2年生) 

コーチの立場から医学的、解剖学的に身体の発育発達を理解し、優れたアスリートを育てる方法を学ぶ。

●身体発育発達学

●コーチング学

●競技力向上サポート論 

スポーツ

社会学A・B

(3年生) 

トップスポーツを取り巻くビジネス世界や地域とスポーツの関わり、スポーツと法律の関わり、さらには健康で幸福な人生をデザインするためのスポーツとの関わり方などを学ぶ。

●スポーツマーケティング

●スポーツ経営ビジネス

●スポーツと法律

●障害者スポーツ論

●生涯スポーツ学

●地域スポーツ学

 

クラブ活動について

メディカルスポーツクラスの開設に向けて、下記クラブを新設しました。 

 女子バドミントン  女子バレーボール   女子ソフトテニス  女子ソフトボール  ゴルフ(男・女)

 

その他、以下の既存の運動系クラブが活動しています。

 

野球部(男子)  ラグビーフットボール部(男子) 
バスケットボール部(男・女)  剣道部(男・女) 
男子バレーボール部  硬式テニス部(男・女)
卓球部(男・女)   

 

メディカルスポーツクラスに在籍していても、競技力を問うことはなく、また未経験者の入部も可能です。

 

メディカルスポーツクラスに在籍していても、部活動を義務づけることはありません。但し、スポーツに関心がある生徒であることを前提に何らかのクラブに入部することは推奨します。

 

部活動を何らかの理由で退部することになったとしても、メディカルスポーツクラスの生徒としてスポーツ医学を学びながら、大学進学をめざしてもらいます。