校時と教育の特色


【 校 時 表 】

 9:30 ~  9:35 

H  R 

 9:40 ~ 10:30 

1 限 目 

10:40 ~ 11:30 

2 限 目 

11:40 ~ 12:30 

3 限 目 

昼 休 み 

13:10 ~ 14:00 

4 限 目 

14:10 ~ 15:00 

5 限 目 

15:10 ~ 16:00 

6 限 目 

 


<特徴1>  1時間目の開始時間が9時40分


本校の授業開始時間は9時40分と開始時間を遅く設定してあります。これは遠方の生徒も通いやすいようにするためと、前日遅くまで大学受験勉強を行っても生徒が睡眠時間を確保できるようにするためです。このことによって、生徒によって登校時間もそれぞれ異なっています。HRでの点呼時間である9時30分までには登校している生徒、逆に開始時間より1時間くらい早く登校して、HRまでの時間で学習をする生徒など、生徒たちはさまざまに自分のスタイルで時間の使い方を考えて学校生活を送っています。

 


<特徴2>  午前中の授業は3時間だけ


本校では午前中の授業が3時間しかありません。これは1時間目の開始時間が遅いことも理由にありますが、それ以外の理由として、本校では3時間を超えて連続の授業を行うということをしないという考えがあります。連続した4時間目の授業では当然生徒に疲れも生じ、思考力も低下しています。本校では学習効率の悪くなった状態で授業を受けることを避けて、学習効率を高めることを優先しています。

 


<特徴3>  正規の授業は6限目まで


昨今、大学進学をめざす高等学校では7限目または8限目まで正規授業を行うところも少な くありません。しかし本校では正規の授業は6限目までとしています。高等学校の授業は、塾や予備校と異なり、定められた教科書を用い、教科書の内容に準拠することが基本となります 。しかし大学受験に向けた得点力の養成を考えると、高校2年次に高校1年次の内容を復習し直す必要が生じることや、大学入試問題の解答・解説を行う必要もあります。そこで本校では大学受験に必要な取り組みをより自由に、しかもより生徒の必要性や実情に応じて行えるようにするために、教科書を用いた授業は、学ぶべき範囲や内容を学ぶための必要最小限にとどめ、放課後の進学講座や個別指導、メディア講座などで大学受験対策を充実させるとともに、よ り生徒一人一人の学習到達度や課題に対応した取り組みを重視するようにしています。

【 AS・アカデミークラスの生徒の放課後の過ごし方 】

自習に部活。放課後を楽しもう。

完全下校時間が具体的に決められていない京都成章高校の放課後を、生徒たち自分たちのスタイルでさまざまな時間の過ごし方をしています。

 

〈3人の生徒の月曜日の放課後の過ごし方〉

(パターン1)Aさんの場合

月・火・木・金の四日間、16:35からの進学講座は必ず受講することになっているので、16:35からの進学講座を受講し、週2回受講することになっている17:35からの講座も月曜日は受講するAさんは、講座が終わり次第、部活動に参加しています。

 

 (パターン2)B君の場合

16:35からの進学講座は受講し、17:35からの講座を月曜日は受講しないB君は、自分のタブレットを使って翌日の授業のための授業動画を視聴したり、その日の授業でわかりにくかった科目の単元を確認するための動画を視聴したり、それでもわからなかったところは、教科の先生のところに行って個別指導を受けています。

 

(パターン3)Cさんの場合

16:35からの進学講座が終わり次第、部活動の練習に参加し、早めに終わったので、教室に戻ってクラスメートと教え合ったり、翌日の予習やその日の復習を進めています。

 

 

※メディカルスポーツクラスの生徒は基本的に16:35からクラブ活動に取り組みます。