沿革

明治40年「京都私立子守学校」を設立
明治41年「京都慈光夜学校」を設立
明治42年「淬励会」を設立
明治44年「社団法人明徳学園」を組織
大正7年光山コドモ会を設置
大正10年「明徳女学校」を開校。※10月23日を学園創立記念日に制定
大正13年「明徳高等女学校(本科・裁縫科)」を認可、裁縫科は「明徳裁縫女学校(本科)」として設立
昭和3年明徳裁縫女学校を別科に設置 日曜学校「光山コドモ会」を「光山幼稚園」と改め、本圀寺から明徳学園に経営を移す
昭和8年明徳高等女学校に補習科を設置
昭和16年明徳高等女学校の修業年限を4年から5年に改定
昭和20年明徳高等女学校に専攻科を設置
昭和22年「明徳女子中学校」を設置 明徳裁縫女学校(本科・専攻科)を廃止
昭和23年社団法人から「財団法人」に組織変更 「明徳女子高等学校」を設置
昭和25年「明徳夜間高等学校(商業科・宗教科)」を設置 「明徳洋裁学院」を開設
昭和26年財団法人から「学校法人」に組織変更認可。「明徳幼稚園」を開設
昭和27年明徳女子高等学校を「明徳女子商業高等学校」に改称
昭和29年明徳女子商業高等学校を「明徳商業高等学校 全日制/商業科」に改め、明徳夜間高等学校は「明徳商業高等学校 定時制/商業科・宗教科」に
昭和31年明徳女子中学校を廃止
昭和39年明徳洋裁学院・明徳幼稚園を閉校
昭和48年明徳商業高等学校の定時制を閉校
昭和61年「京都成章高等学校」開校
平成5年「京都経済短期大学」開学
平成9年明徳商業高等学校(商業科)を「京都明徳高等学校」に校名変更(商業科)「普通科」を併置
平成12年京都明徳高等学校 男女共学
平成15年京都成章高等学校 男女共学
平成26年京都成章高等学校 通信制課程を設置
ページトップへ