大学紹介

21世紀に入り、ますますめざましい進展をとげる高度情報化社会。それに対応できる人材を育成することは、これからの産業界にとって欠くことのできない任務となっています。京都経済短期大学はこのような時代のニーズに応えるために、経営学の基礎知識をベースに情報処理能力と経営能力をトータルに身につけた人材を育成し、さらに国際社会にも意識を広げ、幅のある人間的教養を身につけた個性豊かな21世紀の産業人を育てていくことを目的に設立されました。

明徳学園のめざすもの働く人づくり日本一の教育機関

  • 明徳学園ミッション

    「傍(はた)を楽(らく)にする人づくり」
  • 明徳学園経営ビジョン

    「生き生き働く魅力ある教職員づくり」

    「魅力ある学園づくり」と「魅力ある学校づくり」は「魅力ある教職員づくり」からビジョンを実現できるヒトを育て、そのような人材が途切れない組織・仕組みを作る

  • 明徳学園教学ビジョン

    「将来の生き方につながる職業観の育成」

    学生・生徒が自分自身がどんな人間で、将来どんな職業に就いて生きていこうとするのかを発見させる

目指すべき学生像

自分自身を客観的に捉え、知的探究心と明確な職業意識をもって目の前の問題に積極的に挑戦し、常に即戦力たる人間として仕事を通じた社会貢献のできる人間。

目指すべき学生像

アドミッション・ポリシー

京都経済短期大学は、建学の精神・教育目標に基づき、以下のような人物を求める。

  1. 社会と経済、また企業経営に高い関心を有し、それら諸問題に対して探究心が旺盛な者
  2. 将来につながる職業観を有し、仕事を通じて社会に貢献しようとする意志のある者
  3. 人との関わりを大切にし、コミュニケーション能力を高めようとする意思のある者
  4. 目標へ向けて主体的に行動し、かつ継続した努力を惜しまない忍耐力のある者
  5. 資格取得や社会活動、学生諸活動などの課外活動に積極的に参加する意欲のある者

ディプロマ・ポリシー

建学の精神およびその展開としての目指すべき学生像を具現化した以下の基準を満たした学生に学位を授与する。

  1. 基礎的学力:幅広い教養と基礎的な学習方法や学習能力、情報処理能力など各分野のリテラシーを身につけ、以下の項目を実現するための「学びの基礎力」を獲得していること。
  2. 専門性:経営情報学科の短期大学士として社会に貢献できる経営学諸分野・情報処理の基礎知識を身につけるとともに、経営・経済・会計・情報分野における「職業人として求められる専門能力」を獲得していること。
  3. 社会性:所属する組織や社会における自分自身の立場や役割を自覚するとともに、そこでの人間関係を形成・調整しながら「組織の一員として行動できる力」を獲得していること。
  4. 社会における実践力:職業人としてはもちろん地域社会でも国際社会でも通用する社会性を身につけた上で、所属する社会に存在している課題を見出し、その解決策を考え、具体的な行動を起こすことによって「社会的課題の解決に資する力」を獲得していること。

カリキュラム・ポリシー (目指すべき学生像とカリキュラム)

本学のカリキュラムは、幅広い教養と基礎的な学習能力、および経営学の基礎知識と情報処理能力の修得を基礎にしつつ、より高度な経営・経済・会計・情報の専門知識を獲得できるように構成されている。このようなカリキュラムは全体として、本学が掲げる「目指すべき学生像」を実現するために体系づけられている。 特に、「目指すべき学生像」の中で謳われている「明確な職業意識」や「社会貢献のできる力」は、通常の講義によって得た知識を現実の場で実践するプロセスの中でこそ身につくものである。本学ではそのような場を経験するものとして「実践カリキュラム」を設定し、通常の講義や演習を通じて得た知識や能力を確実に身につけられるようにしている。「実践を通じて知識や能力を身につける」というプロセスは、まさに現代社会で求められる能力であり、その意味でも本学のカリキュラム体系は「即戦力」となれる人材育成を目指すものとなっている。

学章

2本の曲線で構成されるそれぞれは、
世界の7海洋を往復の波型で表し、
世界からの交信を表現しています。

京都経済短期大学の教育メカニズム

京都経済短期大学の教育メカニズム

大学紹介

scroll to top